野菜王国くまもとすむーじぃ26

暑い夏に負けないために、腸を整えましょう

灼熱の太陽が照り付ける毎日…
そんな毎日は、腸をキレイにすることを心がけて元気をキープしたいものです。今回のスムージーは、疲労回復に有効なクエン酸、消化を助ける酵素を含むトロピカルフルーツの代表格パイナップルと美腸食材の代表ともいえるりんごに、爽やかな香りのバジルを組み合わせました。


パイナップル+りんご+バジルのスムージー

材料 出来上がり約200ml
パイナップル    1/6個
りんご       1/4個
バジルの葉     5枚
水         1/2カップ

作り方
1)パイナップルは、葉を切り落とし、縦に6等分に切る。芯の固い部分を切り落とす。一口大に切り込みを入れ、皮からナイフでそぎ取る。
2)りんごはよく洗い、皮付きのまま8等分に切って芯を除き、一口大に切る。
3)バジルの葉はちぎる。
4)ミキサーにすべての材料をいれて、なめらかになるまで攪拌する。

Recipeのポイント
消化を助ける酵素プロメラインを含むパイナップルと水溶性食物繊維豊富なりんごで腸の動きを整える組み合わせに、バジルのスパイシーで甘さがある爽やかな香りをプラス!暑い夏に、爽やかな香りの一杯です。

<パイナップルのこと>
甘酸っぱい果汁がたっぷりのパイナップルは、クエン酸が豊富で暑い夏の疲労回復にぴったりの果物。水分代謝を整えるカリウムや便秘予防にはたらく食物繊維も豊富です。プロメラインという酵素は消化を助け、胃もたれや胸やけを防ぐ効果があるといわれています。

<りんごのこと>
豊富に含む水溶性食物繊維ペクチンが腸の働きを整えて、便秘と下痢の両方を改善します。ペクチンにはコレステロールの吸収を抑える作用もあり、生活習慣病予防にも役立ちます。皮の部分にペクチンが多く含まれるので、皮ごと食べるのがおすすめです。


<バジルのこと>
シソ科の一年草スイートバジルは、イタリア料理でおなじみのハーブ。スパイシーで甘さのある甘さのある爽やかな香りで、消化促進作用や抗菌作用があります。ドライよりもフレッシュで使うほうが香りが引きたち、料理の仕上げにつかうとより効果的です。プランターでも簡単に栽培できるのでおすすめです。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ25

おなかスッキリ!? 夏バテ予防には、夏野菜のスムージー

1年で最も日が長い時期。梅雨の真っただ中ですが、梅雨の晴れ間の日差しはもう夏そのものですね。雨が続くと体がだるくなりがちですが、出始めた「夏野菜=カリウムをたっぷり含む野菜」をしっかりとって元気に過ごしたいものです。

食物繊維、カリウムも豊富なとうもろこしをつかったスムージー、便秘の予防や改善にチカラを発揮してくれる一杯をご紹介します。


とうもろこし+サラダ玉ねぎ+牛乳のスムージー

材料(出来上がり約200ml)
とうもろこし(実をとりだす)  正味100g(大1/2本分)
サラダ玉ねぎ          30g(うすぎり)
牛乳              1/2 カップ

作り方

1)とうもろこしは、ナイフで実ととりだす。(とれたては是非生で!レンジで加熱するときは薄皮をつけたまま、600W で60秒くらい)

2)ミキサーに(1)のとうもろこし、薄切りにしたサラダ玉ねぎ、牛乳を入れてふたをしてなめらかになるまで、攪拌する。

Recipeのポイント
むくみや高血圧予防にはたらくカリウムが豊富な組み合わせです。また、玉ねぎの硫化アリルがとうもろこしの胚芽に含まれるビタミンB1の吸収を促進して疲労や不眠、夏バテの解消に。牛乳のビタミンB2が代謝アップ、とうもろこしと牛乳のカルシウムで骨も丈夫に!


<とうもろこしのこと>
ひげの数と同じ実が詰まっているといわれる「とうもろこし」。ひと粒、ひと粒の表皮にはセルロースという食物繊維が含まれています。セルロースは体内で水分を吸収してふくらみ、腸管を刺激して便通を促したり、体には不要な物質を吸着して体外に排泄するはたらきを持っています。

タンパク質や糖質を多く含み、野菜でありながら多くの国で主食としても食べられていることも特徴のひとつです。旬を迎える夏にかぶりつきたい夏野菜です。

粒が黄色一色のモノカラー、黄色と白の二色のバイカラー、ホワイト、3色、紫色などがあり、様々な品種が開発・栽培されています。今回のレシピに使用したのはホワイト種の「雪の妖精」というもの。きいろのとうもろこしでつくるとレモンイエローのスムージーに仕上がります。

 

「雪の妖精」はじめ数種のとうもろこしを栽培されている生産者さんを訪ねて…
熊本市内から高速を走ること約1時間半…海岸線を時折眺めながら目指したのは芦北町女島。Kama farm 釜博信さん。不知火海からの潮風に恵まれ温暖な気候のこの地で特産の柑橘栽培農家の4代目の釜さん。ご自身の代になってからこの気候を生かしてサラダ玉ねぎ「サラ玉ちゃん」の栽培を主に行う生産者さんです。

そんな釜さんが昨年からとうもろこしを栽培されている…しかもホワイト種!と聞きつけ、訪問しました。
圃場からすぐのところにある堤防を越えるとそこは海!不知火海からの潮風が自然のミネラル分を運んできて、除草剤は不使用、農薬・化学肥料をできるだけ低減した特別栽培でサラダ玉ねぎを栽培する熊本県認定エコファーマーでくまもとグリーン農業生産者です。

昨年からサラ玉ちゃんの裏作として緑肥も兼ねてとうもろこしの栽培を始められたそうです。1.2ヘクタールの面積で、「雪の妖精」→「プラチナホワイト」→「ピュアホワイト」の品種をリレー栽培。サラダ玉ねぎがユリ科なのに対し、とうもろこしはイネ科で、玉ねぎの連作障害の軽減につながっているとおっしゃいます。

夏場の旬野菜で、鮮度によって甘みの低下が著しいので収穫→出荷→生活者に届くまで、スピードが求められます。収穫は早朝5時半から2時間半。作業場に戻り箱詰めして11時には保冷車に乗せて出荷完了するそうです。

90日で収穫できる作物ですが、温暖な平坦地なので中山間部に比べて5日程早い生育スピードでもあるそうで、栽培をきちんと設計し、3か月頑張ると出来る!このような規模で可能性大な作物だと…。「緑肥の代わりになると思って始めたけどとうもろこしの魅力にはまってしまった!」と笑顔で話される釜さん。「県の“農業経営塾”に出会っていなかったら普通に柑橘農家の4代目だったかも」とも。とうもろこしの横では、間もなく収穫され「恋するマロン」という名のかぼちゃが育っていました。サラダ玉ちゃんもJAあしきた管内では最大規模で栽培され、その味も抜群です!

釜さんの経営されるワクワク農業で栽培品目とその可能性が広がっていきそうな予感を覚えつつ圃場を後にしました。

※今回の取材は、6月中に行ったもので、7月4日の熊本県南豪雨によって、釜さんの圃場は甚大な被害を受けられました。とうもろこしの畑も被害に遭われたと連絡を受けました。心よりお見舞い申し上げます。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ24

運動不足によるむくみをスッキリ! な組み合わせのスムージー

紫陽花が美しい季節を迎えました。コロナ禍で自粛生活が続き、運動不足によるむくみのお悩み解消に、カリウムたっぷりの小松菜とグレープフルーツのスムージーをご紹介します。バナナをプラスしてむくみの解消に導きます。小松菜は野菜なのにカルシウムが豊富!女性に嬉しい葉酸や鉄分も補えます。爽やかな香りの一杯で、ストレス解消にも! 野菜・果物のチカラで近づく梅雨の鬱陶しい日々も元気に乗り越えたいものです。

<こまつな+グレープフルーツ+バナナのすむーじい>

材料 1人分約220ml
小松菜  30~40g(お好みで加減)
グレープフルーツ  1/2個
バナナ  1/2本
はちみつ  大さじ1
水  50~60ml

作り方
1)小松菜は根元を切り落とし、バナナは皮をむいてそれぞれ一口大に切る。
2)グレープフルーツは皮をむいて果肉をとりだす(白い部分はなるべくとリ除く)。
3)ミキサーにすべての材料をいれて、なめらかになるまで約20秒攪拌する。

<Recipeのポイント>
カリウム豊富な組み合わせ。栄養価高い緑黄色野菜こまつなは、アクが少ないのでスムージー向きの食材ですが、グレープフルーツとバナナを合わせることで、野菜特有の青臭さをおさえて、すっきりした飲み心地に仕上がります。

小松菜のこと…
ほうれんそうに比べてあっさり味の小松菜。栄養価が高い緑黄色野菜のひとつで、カルシウムが非常に多く含まれているのが特徴です。その量はほうれんそうの約3.5倍もあるのです。成長期の子どもや高齢者は積極的にとりたい野菜です。鉄や主要ミネラルも豊富で、美肌や老化防止に効果が期待されるビタミンCやカロテンもバランスよく含む女性の健康と美容の味方です。

グレープフルーツのこと…
爽やかな酸味で心身に活力を与えて元気にしてくれる清々しい香りと味わい。ビタミンC が豊富なうえ、苦み成分「ナリンギン」がビタミンCの吸収率を上げるので、美肌やストレス解消にはたらき、クエン酸は疲労回復に力を発揮します。


「小松菜」だったらこの人!おつづき農園緒續一馬さん…。もう何年になるのでしょう…
植木周辺の若手農家さんが集まる「うえきもんマルシェ」で「こまつなのスムージー」を試飲させていただいて以来のファンです。北区植木町で営まれる農園は、県内唯一の小松菜専業。新しい品種が出たら常に試験をし、品種ごとにある個性を周年で栽培できるように選別して、現在は3品種の小松菜を時期によって使い分けて栽培なさっています。

栽培・収穫のご苦労を伺ったところ、「小松菜は外葉から傷んでくるので、発芽した時の双葉を大切にしながら栽培します」とのこと。収穫時はハウスの遮光し、ハウス内で鮮度が長持ちするよう外葉を1~2枚はずして袋詰め、梱包、収穫後1時間以内には冷蔵車で出荷していくシステムをとっているとのこと。それはお客様にできるだけ新鮮な状態で手にとっていただくための心がけだとおっしゃいます。大規模なハウスでその迅速な収穫・出荷を徹底させるのは相当な覚悟あってのことと感じながら圃場を後にしました。

同じく植木町で「サガンルビー」という純国産の品種でグレープフルーツ栽培を手掛ける柑橘専門の宮本果樹園さん。2代目裕一さんの奥様の宮本好美さんは野菜ソムリエプロで野菜ソムリエコミュニティ熊本の仲間。3代目雄平さんという立派な後継者がいらっしゃるとは思えない若々しい柑橘美人の生産者さんです。

西インドが原産のこの柑橘…ひと枝に房状に結球するその姿がぶどうのようにみえることから名の由来がきているそうです。産地として知られているのは、アメリカのフロリダ州で、全世界の40%を占めています。温暖な地域に育つもので、耐寒性が弱いので、県北植木町の冬場の寒さでは外国産の品種では木が枯れたこともあったそうです。そこでこの国産品種を導入され、試行錯誤を繰り返されながらこの美しいグレープフルーツが収穫できるようになったそうです。園地でカットしていただくとほとばしるようなジューシー感。糖酸バランスのとれた果汁と爽やかな香りにたちまち魅了されました。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ23

栄養価の高いビーツで、手軽にパワーチャージ!

楠若葉を渡る風がさわやかな季節になりました。その爽やかな風に乗って、天草からハーブとともに真っ赤な色が印象的な「ビーツ」が届きました。この「ビーツ」は、地中海沿岸が原産の根菜。この鮮やかな赤は、自然着色料として使われることも多く、栄養もいっぱい! ビタミン・鉄、食物繊維、ミネラルなどが豊富な優れものです。なので、食べる輸血と言われているとか!?
ロシア料理のボルシチの材料としてお馴染みですが、スムージーやジュースだと生で手軽に召し上がれるんです。りんごやバナナと合わせて飲み心地よいレシピをご紹介します。

<ビーツ+りんご+バナナ+ヨーグルトのすむーじい>

材料 
1
人分200ml
ビーツ     40g
りんご     1/6個
バナナ     1/2本
ヨーグルト   100ml
水       少々

作り方
1)ビーツはよく洗って皮ごといちょう切りにする。
2)りんごとバナナは皮をむいて一口大に切る。
3)ミキサーに水以外の材料をいれて、なめらかになるまで攪拌する。回りにくかったら、水を 適宜加えて回す。

 

<ビーツのこと>
ビートルート、レッドビート、テーブルビートなどの呼び名もあり、形がカブと似ているので、日本では「赤カブ」、英語でも古くは「Blood turnip(血カブ)」と呼ばれることもありましたが、カブが属するアブラナ科ではなくほうれんそうと同じアカザ科の仲間です。

特徴
砂糖の原料となる甜菜(テンサイ)と同じ仲間で、砂糖かぶともいわれるほど根菜としてはかなりの甘さ。輪切りにすると赤と白の年輪のような模様が現れます。
日本ではロシア料理のボルシチに使われる根菜というイメージが強いですが、ヨーロッパでは昔から健康によい野菜として知られていて、古代ローマ人は発熱や便秘の治療にビーツを使ったと伝えられています。

旬と産地は?
輸入ものが多く、瓶詰や缶詰めが一般的ですが、国内では長野や茨城などで栽培され、は年に2回収穫が可能で、6月〜7月、11月〜12月が旬です。今回のビーツは、天草市にあるNaturalHerb香草園さまより届きました。

栄養は?
カリウム、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルはもちろん、ナイアシン、パントテン酸などのビタミンB群、食物繊維などが含まれるほか、ベタシアニン、ベタインなどほかの野菜にはなかなかない成分が含まれています。さらに、ビーツに含まれる「ラフィノース」というオリゴ糖の働きや、ビーツの赤色を示すベタシアニン、ベタキサンチンが持つ抗酸化作用などが期待されている健康野菜です。

このように美容と健康効果が高い、魅力的な「ビーツ」。鮮やかな色で目からも元気をいただけそうでしょう。見かけられたら是非、今回のスムージーはもちろん、サラダや、グリル、煮込み料理などいろいろと作ってみてください。


ちなみに、今回つかったヨーグルトは、合志市にあるオオヤブデイリーファームの商品です。HPにはオンラインショップもあるので、ぜひのぞいてみてください。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ22

なんとなくだるさを感じる時に、おすすめのすむーじぃ!

二十四節気では「清明(せいめい)」、すべてが清らかで明るく、けがれのない春が訪れました。桜はあっという間に満開になり、はらはらと散りはじめたこの頃ですが、今年の時世は沈みがち…。自粛続きで、なんとなくだるさを感じたり、寒暖の差が激しく朝夕の寒さで体調がくるいがちではありませんか。

そんな、すこし憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれる、葉酸や抗酸化ビタミンがたっぷりの鮮やかな緑色と爽やかな味わいのグリーンアスパラガスと春キャベツをつかった若草色のすむーじいをご紹介します。


<グリーンアスパラガス+春キャベツ+バナナのすむーじい>
材料 1人分
グリーンアスパラガス  2本(40g
キャベツ        1枚(50g
バナナ         1/2
水           100ml

作り方
1)グリーンアスパラガスは、根元の固い部分ピーラーでむき、斜め薄切りにする。
2)キャベツはざく切り、バナナは皮をむいて一口大に切る。
3)ミキサーに全ての材料をいれて、なめらかになるまで攪拌する。

<アスパラガスのこと>
新陳代謝を促し、疲労を回復する効果があるアスパラギン酸の名の由来にもなった野菜。抗酸化作用が高いグリーンアスパラガスは、免疫力を高めてくれるのでストレス気味の方にもおすすめ野菜です。

栄養…鉄や葉酸など妊娠を予定している女性に必要な栄養素が豊富。エネルギー代謝に必要なビタミンB1やB2を多く含みます。また毛細血管を丈夫にするルチンを穂先に多く含みその量は旬の4月~5月がより豊富です。

アスパラギン酸って…アスパラガスから発見されたアミノ酸の一種。効率よくエネルギーをつくりだすので疲労を回復する、不眠やイライラなどにも効果が期待されています。

<春キャベツのこと>
秋に種をまいて春に収穫される。葉が柔らかく、みずみずしいのでサラダや浅漬けなど生食向き。特別に栄養価が高いわけではありませんが、調理方法が幅広く食べる機会が多いのでコツコツとビタミン・ミネラルを摂取できます。

栄養…ビタミンC,胃の粘膜を保護してくれるビタミンUや強い抗酸化作用を持つことで期待されるイソチオシアネートが豊富で、いずれも生食で摂ることがおすすめです。

春の香りを感じに南阿蘇村のアスパラ畑にお邪魔してきました。

南郷谷から阿蘇の山々を望むところに、藤原孝誠さん・美里さんのハウスが立ち並んでいました。平成15年に栽培を始め、徐々に棟を増やしてきた藤原さんご夫妻…主に「スーパーウエルカム」という品種を栽培されています。
1月末に根元まで刈り込んでバーナーで焼いて消毒し、3月に土に水を与え、地温を15度に上げるのにハウスを閉め切って50度まで上げる「蒸し込み」をすると地下茎が動き出し,芽を出す準備を始めます。3月中旬から出荷が始まり、6月まで「春芽」の収穫が続きます。竹崎水源の清らかな水をふんだんに利用した豊かなところですが、高温多湿になりすぎると病気がでたり、新芽に虫がつくと商品価値が下がるので細心の注意を払われるのだと…。徹底した温度管理で品質保持をなさっています。春芽のピーク時には1日に170㎏収穫する日もあると…。収穫したらすぐJA選果場に、その日のうちに全国に出荷されていくのだそうです。

阿蘇のアスパラガスは、立茎の時期を経て、7月から「夏芽」の収穫が始まりその収穫は11月頃まで続きます。穂先がピンとしっかりしていて、まっすぐに伸びたもの。切り口が新鮮なものを選んで、スムージーにサラダに、豚肉巻きに…さわやかな味わいを楽しんでみませんか。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ21

体の中からケアしたい。紫外線に負けないすむーじぃ!?

三寒四温…まだ寒さは残っているものの温かい日差しが降り注ぐようになりました。満開の梅の香りに誘われて春の足音感じるこの頃です。水分たっぷりの旬の野菜・果物は気持ちをシャキっと、春のスイッチを押してくれます。トマトや赤いパプリカ、いちごに豊富なビタミンCは、風邪の症状をおさえたり、予防にも。また、気になるシミ・ソバカスの予防に力を発揮してくれます。

パワフル、エネルギッシュ、ポジテイブで、食欲を増進させてくれる、赤い色のスムージーをご紹介します。

★トマト+赤パプリカ+いちごのスムージー★

<材料>できあがり約150ml
トマト     1/2個(約70g)
赤パプリカ   1/4個(約50g)
いちご     5~6粒
水       適量(30~50ml)

<作り方>
1)トマトと赤パプリカはヘタをとり、一口大に切る。
2)ミキサーにトマト、パプリカ、へたをとったいちごをいれてなめらかになるまで攪拌する(回りにくい時は水を加える。

<Recipeのポイント>
トマト、赤パプリカ、いちごに豊富なビタミンCはストレス和らげてくれる効果にも期待! また、ビタミンCは肌のコンディションを整えることにも力を発揮します。抗酸化力も高い組み合わせは免疫力のアップにもつながります。

<赤の色素>
◎トマトのリコピン
カロテノイドの一種。抗酸化力はビタミンCの約100倍ともいわれています。トマト
の果実が緑色から赤く完熟するにつれて、光合成によって生成されます。

◎赤パプリカのカプサンチン
カロテノイドの一種。抗酸化力はリコピンと同等、あるいはそれ以上ともいわれています。カプサンチンはナス科トウガラシ属に含まれ、最初は緑色の果実が完熟して赤く色づくと、カプサンチンが生成されます。

<紫の色素>
◎いちごのアントシアニン
ポリフェノールのフラボノイドの一種。目の疲労回復や血圧上昇を抑制するはたらきが期待されている。紫外線対策やアンチエイジングに強い抗酸化力をもつといわれています。


「トマトといちごの産地 横島町を訪ねて…」
熊本県北西部に位置し、有明海に面した干拓地、横島町。小高い外平山はその昔、有明海に浮かぶ島、それ以外は江戸時代の干拓によってできたこの地域は、干拓地特有のミネラル豊富な土壌で、トマトやミニトマト、いちごの栽培が盛んなところです。町にある直売所「YBOX」には町が誇る特産物があふれていました。
その横島町で、冬の長い日照時間、昼夜の激しい寒暖差の環境を活かし、土づくりにこだわった農法で完熟トマトを生産されている蘇鉄園芸さんに伺ってきました。

トマトの主な品種は、甘みと酸味、旨みのバランスがとれた「桃太郎プレミアム」とミニトマト「千果」。1粒1粒、手作業で愛情をこめて種を播き、苗をつくって定植し、自然受粉で愛情込めて育てられている糖度7以上のトマトたちの美味しさのヒミツのひとつは、いつ伺っても笑顔で迎えてくださるご夫妻の愛情…。濃い味わいや香りが特徴です。


 (圃場写真:(有)蘇鉄園芸)

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ20

まさに、飲むサラダ!今が旬の「ブロッコリー」で腸美人に!?

栄養価が高く、鮮やかな緑色のブロッコリーは、さっとゆでるだけでビタミン・ミネラルがとれる手軽さとサラダから炒め物など調理の幅が広いので、人気の緑黄色野菜です。冷涼な気候を好むこの野菜は、寒くなるほどにおいしさが増していきます。

野菜不足の解消にもなり、食物繊維も豊富に含むので便秘の予防や解消にも期待できます。まさに、腸からキレイに! 脂質が少なめの豆乳をベースにしてカロリー控えめにしたブロッコリーとバナナのスムージーご紹介します。

 

★ブロッコリー+バナナ+豆乳のスムージー★

材料(できあがり約250ml)
ブロッコリー   4房(さっとゆでるか、電子レンジで30秒ほど加熱する)
バナナ      1本(皮をむき、一口大にちぎる)
豆乳       1/2カップ

作り方
1)ミキサーにブロッコリー、バナナを入れ、豆乳を加えてなめらかになるまで回す。

 【Recipeのポイント】
女性ホルモンと同じようなはたらきをするイソフラボンを低カロリーな豆乳をベースに、栄養価高いブロッコリーとすばやくエネルギー源になるバナナがはいって腹もちも良いので小腹がすいたときにもおススメです。


<ブロッコリーのこと>
食べているのは「つぼみ」。ブロッコリーの頭頂部、緑のつぶつぶは、ひとつひとつが花のつぼみで「花蕾」と呼びます。花蕾と花茎(皮を厚めにむいて使用)では火の通りが異なるので、調理するときは気を付けて!また食べる時には食感の違いも楽しんでみてください。

栄養は…
アブラナ科の野菜で抗酸化作用が高いと注目されていますが、レモンの約2倍もあるビタミンCはじめ、カロテン、ビタミンE,葉酸や鉄、食物繊維もが豊富で、疲労回復や肌荒れ、高血圧予防や糖尿病などの生活習慣病予防にもおすすめです。
免疫力を高めるはたらきがあるアブラナ科特有の辛み成分イソチオシアネートは、細胞が壊れることで生成されるのでよく噛んで食べることがポイントですから、ミキサーにかけてつくるスムージーやスープで摂るとより効果的。

<豆乳のこと>
ポリフェノールの一種のイソフラボンが、女性ホルモンのようにはたらき、更年期症状の緩和や骨粗しょう症予防に効果を発揮します。ビタミンEや鉄の供給源にもなります。



熊本県内の大産地 八代を訪ねて…
熊本県でも、JAやつしろでも重点野菜のひとつとして位置づけられているブロッコリー。2017年の熊本県の生産量は4080tで、全国11位でしたが、八代地域ではその95%を担い、年々増加している栽培面積も432haと県内最大の産地です。写真は、八代市郡築11番町の喜多川容紫子さんの畑です。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ19

年末年始のごちそう胃疲れを癒してくれる!

カラダの調子を整えてくれる「yasai」。
旬の野菜は、体の調整役をしてくれる栄養素をたっぷり含んでいます。

ごちそう続きのこの季節、気がついたら野菜不足だったり、胃がつかれていたり…そんなときには負担がかからない消化吸収のよいものをとって胃を休ませることも必要です。消化を促進させてくれる成分を含む旬の大根をつかったレシピをご紹介します。

大根に含まれる消化酵素ジアスターゼがデンプンの消化をたすけ、胃もたれや胸やけを緩和してくれます。りんごのペクチンが便通を整えるチカラを発揮する…お助けスムージーです。

 

<大根とりんごのスムージー>
材料 出来上がり約200ml
大根    50g
りんご   1/2 個
はちみつ  大さじ1
水     1/4カップ

 作り方
1)大根は皮をむいて一口大に切る。
2)りんごは、ヘタと種を取り除き、一口大に切る。
3) 大根 りんご、はちみつと水をいれ、なめらかになるまで攪拌する。

 

【大根のこと】
大根の特徴のひとつは、消化酵素を含むこと。なかでも代表的なジアスターゼはデンプンを分解する酵素で、炭水化物の消化を助け、食べ過ぎによる胃もたれや胸やけを予防します。ジアスターゼや、豊富なビタミンCは熱に弱いのでできるだけ生でとるのがおススメです。

 【りんごのこと】
りんごは腸をキレイにしてくれる美腸食材。水溶性食物繊維ペクチンが腸の動きを整えて便秘と下痢の両方を改善してくれます。



小さな島で育つ大きな大根…

島原半島と天草上島の間 有明海に浮かぶ 全周約6.5kmほど、標高100mのおわんを伏せたような台形の島 『湯島』。史上最大のキリシタン一揆「天草・島原の乱」の作戦が練られたと言う由来もあるこの島、『談合島』とも言われています。この島の周辺は、養分をたくさん含んだ海水が早崎瀬戸から有明海に流れ込みそのプランクトンを食べて育った小エビや小魚を狙う鯛が群れて、鯛の1本釣りで…漁業中心、特産品も湯島鯛やわかめ、あわび等魚介類が中心ですが、この台形の島の山頂部分の平地は、寒風強い気候と栄養分を多く含んだ柔らかい独特の土壌で、幻の大根とよばれる『湯島大根』という、とても太くて糖度が高く、柔らかい大根が育っています。

生産者さんも少なく、「幻の…」といわれるほど、なかなか出会えませんが、「道の駅上天草さんぱーる」や熊本市内のスーパーで見かけられたら是非召し上がってみてください。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ18

寒さに負けないモン、熊本産のスムージー

黄金色の銀杏の葉が散り、日ごとに寒さが増して冬の到来を感じる頃になりました。

みかんやにんじんのカロテンで免疫力アップが期待でき、みかんやしょうがの作用で体を温める…風邪予防や冷え性解消におすすめの一杯をご紹介します。


<みかんとにんじん、しょうがのホットスムージー>

材料(出来上がり200ml)
みかん   1個
にんじん  50g
しょうが   5g

作り方
1)みかんは皮をむき、小房に分ける。
2)にんじんは小さめのいちょう切りにする。
3)しょうがはすりおろす。
4)ミキサーに材料を入れてなめらかになるまで攪拌する。
5)マグカップに入れてラップをし、電子レンジで約1分加熱する。



【みかんのこと】
みかん王国、熊本では6月~9月にかけてハウスみかん、それ以降は年間を通して多種多様な露地みかんが10月~2月まで次々に出荷されています。

<極早生>肥のあかり・豊福・肥のあけぼの→<早生>肥のあすか・木村早生・宮川早生・肥後早生・興津→<晩生>青島→金峰…と、品種のリレーが続きます。熊本県では、豊福、肥のあけぼの、肥のさやか、肥のあすか、肥のあかり、肥のみらいなど、地域の気候や土壌に合う品種が研究・育成されています。

●主な栄養と機能性
ビタミンCが豊富で、美肌づくりや免疫力を高め、風邪予防にも役立ちます。カロテンはトマトの約2倍、100g中1000μgも含まれ、皮膚や粘膜を丈夫に。カリウムはナトリウムとともに体内の水分を調整し、血圧を正常に保つ働きを。ビタミンPは白い薄皮部分に含まれ、血管壁を丈夫に、動脈硬化を予防する効果があります。

食べるときは、薄皮ごと?それとも果肉のみ?
薄皮100gあたりのカリウム含有量は274㎎、果肉100gあたりは115㎎です。みかん1個で比べると、1個食べたときに口に入るカリウムの量は薄皮ごと食べると97.8㎎、果肉だけだと、87.4㎎。つまり薄皮ごと食べるほうが約1.1倍多く摂取できるのです。薄皮は食物繊維やビタミンPも豊富です。(分析:女子栄養大学生物有機研研究室)


【にんじんのこと】
熊本県では山鹿市、菊陽町、大津町が国の野菜指定産地として、肥沃で水はけのよい土壌をいかしてにんじんの生産が盛んにおこなわれています。

主な栄養と機能性
鮮やかなオレンジ色の色素がカロテン。カロテンは皮膚や粘膜を丈夫にして風邪やウイルス感染を予防するほか、優れた抗酸化作用で動脈硬化やガン、心臓病予防にも力を発揮します。カリウムも豊富で体内の水分バランスを正常に保つ働きがあります。


この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ17

メンタルの不調にも?!熊本産のスムージー

秋はメンタルの不調が出やすい季節…食べるものにちょっぴり気をつけるだけで症状も改善します。もちろん、ストレスを抱え込まないようにすることも必要です。

「なんとなく疲れている」「なんだか少し憂鬱な気分…」な時にもおススメ。

ストレスを受けると消耗しがちなビタミンCをたっぷりチャージできるレシピをご紹介します。


<ゴールドキウイ+パプリカのスムージー>

材料 出来上がり約180ml
ゴールドキウイ(キウイ)     1個
パプリカ(黄)          50g
レモン              1/8個
水                30ml

作り方
1 ゴールドキウイは、ヘタをとって皮をむき、一口大に切る。
2 パプリカは、ヘタと種を取り除き、一口大に切る。
3 レモンはくし形に切って皮をむく。
4 ミキサーにゴールドキウイ、パプリカ、レモンを入れて水を加え、なめらかになるまで攪拌する。


【キウイのこと】
抗ストレス作用の強いビタミンCをたっぷり含むキウイは、1個でみかん約3個分のビタミンCを摂取することができます。ビタミンEも豊富で、ビタミンCとの相乗効果で優れた抗酸化力を発揮するといわれています。ビタミンC、Eは肌荒れ解消にもチカラを発揮するので両方が豊富なキウイは、女性に嬉しい果物のひとつです。またタンパク質を分解する酵素を含んでいるので、肉料理とともに摂ると消化を助けて胃もたれを防いでくれます。

【パプリカのこと】
ピーマンの仲間ですが、ピーマン特有の苦みがなく、ほのかな甘みとジューシーさはサラダやスムージーなど生食向き。カロテンやビタミンCもピーマンより多く含み、栄養的にも優れた野菜です。

【レモンのこと】
美容と健康に欠かせないビタミンÇが豊富。ひと絞りすると酸味の主体のクエン酸がエネルギーの代謝を活発にして疲労回復を早めてくれます。

 

自然栽培でたわわに実るゴールドキウイに会いに…


玉名郡玉東町で自然栽培に取り組んでいらっしゃる「にしだ果樹園」さん。久しぶりにお邪魔した園地ではゴールドキウイたちがたわわに実っていました。おじいさまから受け継いだ果樹園で、外から肥料や農薬を持ち込まない、(果樹園の)中から草や落ち葉を持ち出さない、ここにあるものだけで果実を育てる!「ここでは虫も大切な従業員」とおっしゃる代表の西田淳一さん。草刈り、剪定、収穫のタイミングを月の満ち欠けを利用して決める栽培方法で年間約30種類もの果実を栽培なさっています。信念と哲学を持って栽培される熱い想いを語ってくださる眼はときに鋭いものがありますが、育った果実を見つめられる瞳は優しく、キラキラ…。果樹園では、太陽をたくさん浴びて育てられたゴールドキウイやレモンたちがキラキラと輝いていました。月と太陽から生まれる「月読み果実たち」に会いにいらしてみませんか。(写真:にしだ果樹園)

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ16

かぜをひいたら、ビタミンCをたっぷり補給!

空気が澄んで秋晴れの日が続きますが、今季はまだまだ日中が真夏日のような暑さ、朝夕の気温差でかぜなど召されていませんか。かぜをひいてしまったらいつもより多めにビタミンC をとることが特効薬。ビタミンC豊富な柿と青ゆずで補給。体を温める作用のショウガをプラスして万全の対策になる組み合わせをご紹介します。かぜのひきはじめにもおススメです。


材料出来上がり 200ml分
柿   1個
青ゆず 1/3個
しょうが 1/2かけ
水    50ml

作り方
1)柿は皮をむいてヘタと種をのぞき、一口大に切る。
2)青ゆずは絞る。
3)しょうがは皮をこそげて、すりおろす。
4)ミキサーに柿と青ゆずの果汁、しょうがのすりおろしをいれてなめらかになるまで回す。



<柿のこと>
中国が原産で、奈良県では大和朝廷の時代から栽培されていたとの記録が残されているくらい、古来より日本人に親しまれてきた果実のひとつです。
大きく分けて「甘柿」と「渋柿」に分類でき、受粉に関係なく渋が抜ける「完全甘柿」、受粉で種ができることにより渋が抜ける「不完全甘柿」、受粉しなくても結実する単為結果で渋抜きが必要な「渋柿」です。品種の数は1000を超えるといわれ、地方品種もたくさんあります。熊本県では「太秋」が有名で「太秋」としては生産高全国1位を誇ります。

栄養・機能性
昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、柿はビタミン・ミネラルが豊富です。ビタミンCは100g(約1/2個)あたり70㎎。・抗酸化作用が高いβカロテンやβクリプトキサンチンも豊富。体内の余計な塩分を排出してむくみを防ぐカリウムが豊富。渋味成分タンニンにはアルコール分解作用があり二日酔い解消に効果的です。


<ショウガのこと>
年間生産高全国2,3位を誇る熊本県のショウガ。中山間地域での栽培が盛んで、主な産地は、八代市東陽町や宇城市小川町…。県全体の約8割を占めています。

栄養・機能性
爽やかな辛みの主成分はジンゲロール。加熱するとショウガオールに変化します。強力なたんぱく質分解酵素を持ち、肉を柔らかくします。発汗や消化を促進するほか強力な殺菌力も持ちます。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ15

なんとなく不調の時に、整えてくれるすむーじぃ!?

ようやく朝夕は過ごしやすくなってきました。

虫の音に初秋の訪れを感じる頃ですが、そろそろ夏の疲れや女性ホルモンの乱れからだるさを感じたり…。体を温める作用がある桃に、バナナのビタミンB6や豆乳に豊富なイソフラボンがホルモンのバランス整えるのにチカラを発揮してくれます。

今月は香りも優美な桃をつかったスムージーのご紹介です。

桃+バナナ+豆乳のスムージー

<材料>出来上がり150 ml
もも   1/2個
バナナ  1/2本
豆乳   1/4カップ

<作り方>
1)桃は皮をむいて芯を除き、一口大に切る。
2)バナナも皮をむき、一口大に切る。
3)ミキサーに⓵と②をいれて豆乳を注ぎ、なめらかになるまで回す。


<桃のこと>

■栄養・機能性
ビタミン・ミネラルはそれほど多くないものの、カリウムは100g中180㎎含み、ナトリウムとの体内バランスを保ち血圧を下げる働きをします。

水溶性食物繊維のペクチンは便秘改善効果が期待され、コレステロール値上昇を抑え、動脈硬化予防効果も期待できます。また、豊富なクエン酸やリンゴ酸は疲労回復に役立ち、ナイアシンは冷え性予防効果が期待できるといわれています。

■選び方
形が丸く整い、持つと重みがあって甘い香りを放っているもの。色づきがきれいで、産毛が生えているものがおすすめ。

■保存方法
風通しの良い常温で保存。冷やし過ぎると甘みが薄れるので、食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やすと美味しくいただけます。

■県内の産地はどのあたり?
人吉・球磨地方は山に囲まれた盆地の気候で、特に季節の寒暖の差が激しく、夏冬の気温差は40℃を超えます。また、昼夜の気温差も大きいため、農産物の糖度が高いという特徴があります。その中でも、特に錦町は「フルーツの町」として名高く、県下最大の桃の産地として知られており、栽培されている桃は豊かな香りと上品な甘みが特徴です。


(圃場:錦町の勘米良農園)

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ14

紫外線対策、夏バテ予防に!あの夏野菜!

早朝からセミの鳴き声が賑やかですね
じりじり焼けるように暑い毎日に立ち向かうために人気の夏野菜ゴーヤ。
独特の苦み成分と抗酸化力を持つビタミンCが飛び抜けて豊富です。
晩柑を組み合わせで灼熱の夏の紫外線対策にいかがでしょうか。

★ゴーヤとあまくさ晩柑のスムージー★

材料(できあがり約250ml)
ゴーヤ    4cm 40g
あまくさ晩柑 1/2
はちみつ   小さじ2

作り方
1)ゴーヤは縦半分に切り、ワタをスプーンでくりぬいて1㎝幅に切る。
2)晩柑は皮をむき、薄皮ごと一口大に切る。
3)ミキサーに12と好みではちみつをを入れ、なめらかになるまで攪拌する。

<Recipeのポイント>
ゴーヤの独特の苦み成分モモルデシンには食欲増進効果があります。ワタをスプーンできれいにとることで苦みを和らげ、爽やかな酸味の晩柑と合わせてスッキリした飲み味です。好みではちみつの量を調節してください。

<ゴーヤのこと>
独特な苦み成分が特徴のゴーヤは、沖縄や鹿児島などの伝統野菜でしたが、夏の暑さから体を守ってくれる野菜として夏の店頭の定番に、暑さ除けになるゴーヤカーテンとして家庭菜園でも人気です。

ビタミンC、カリウム、マグネシウムなどをたっぷり含みます。特に体の抵抗力を高めるビタミンCが豊富で、ゴーヤに含まれるものは加熱しても壊れにくいのが特徴です。ビタミンCには胃の働きを活発にしたり、夏の強い日ざしから肌を守ったり夏風邪予防に強い抗酸化作用が期待できます。また豊富なカリウムが筋肉の収縮をスムーズにするので、肉体疲労時にゴーヤを食べると疲労回復に良いといわれています。

選び方は、品種によっても異なりますが、濃い緑色でイボがしっかりついているもの。かたくずっしりしたものを選ぶと良いでしょう。

<あまくさ晩柑のこと>
熊本の数ある柑橘の中でも最も出荷が遅く、夏まで売り出される「あまくさ晩柑」。もともとは昭和10年、熊本市河内町(現在の熊本市西区河内町)で偶然に発見され、「河内晩柑」と品種登録されたもの。その中でも主産地の天草で生産されるものが「あまくさ晩柑」と呼ばれています。特徴は別名「ジューシーフルーツ」ともいわれるほど果汁がたっぷり、酸味も少なくすっきりとした甘さの爽やかな柑橘です。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ13

むくみスッキリ! なスムージー

不快指数高い毎日ですがいかがお過ごしでしょうか。
ついつい水分を摂り過ぎると夕方には足がパンパンになったり
朝から顔がむくむ…こんな悩みありませんか。
今回は、体内の余分な水分を外に出してくれる
カリウム豊富な組み合わせのスムージーをご紹介します。


★肥後グリーンメロンとスイカのスムージー★

材料<できあがり約250 ml>
肥後グリーンメロン (ちいさめのもの) 1/8個
スイカ               100g

作り方
1)肥後グリーンメロンは皮と中わた(種)ものぞき、一口大に切る。
2)スイカは皮と種をのぞき、一口大に切る。
3)ミキサーに1と2を入れて、なめらかになるまで攪拌する。 

 

[Recipeのポイント!]
水分や塩分の摂り過ぎによって起こるむくみ。メロンやスイカは利尿作用が高く、塩分や水分を排出する作用があるのでむくみを改善したい時におススメです。


<肥後グリーンメロンのこと>
「肥後グリーン」は果肉が濃い緑色が特徴のネット系青肉メロンです。奈良県の会社で開発された品種で、おもに熊本県で栽培されています。大玉で果皮はやや濃い目の緑色。表面に細かいネット模様が出ますが、網目が粗いものもあります。薄い緑色の果肉は甘味が強く、完熟すると果汁が豊富でとろけるような舌触りです。糖度は高いのですが、すっきりとした爽やかな味わいが人気のメロンです。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ12

夏の訪れを告げるびわとトマト

今回ご紹介するスムージーは、
夏の訪れを告げるびわと、リコピン豊富なトマト。
生活習慣病の予防に良い組み合わせです。

多くの果実が品種をリレーしながら長い期間楽しめる中、
この「びわ」は5月から6月にかけてしか味わえない
季節感あふれる果物です。
寒さに弱いびわは、温暖な気候の天草地域の特産物。
天草の潮風を浴びて育ったさわやかな甘さのびわと
干拓地でミネラル分たっぷりに育つトマトのマリアージュのスムージーをご紹介します。

★びわ+トマトのスムージー★

<材料> できあがり約
150ml
びわ    中くらい5
トマト   中1
オリーブオイル 小さじ1

<作り方>
1)びわはへそからヘタにむかって皮を手でむいて、2つに割り種をとる。
2)トマトはヘタをとって4つ割にする。
3)ミキサーにびわとトマトを入れてなめらかになるまで回し、オリーブオイルを加えてグラスに注ぐ。

<Recipeのポイント>
強い抗酸化作用を持つβカロテンとポリフェノールの一種クロロゲン酸を含むびわと、同じくβカロテンとリコピン豊富なトマトの組み合わせは、生活習慣病予防に良さそうです。βカロテンとリコピンは脂溶性なので、オリーブオイルをプラスすると吸収率がアップします。

<天草びわのこと>
大正末期から昭和初期にかけて茂木びわの実生を育てたのが「天草びわ」の栽培のはじまりと言われています。天草のびわは甘く、肉質がやわらかく、比較的大粒なのが特徴です。冬でも温暖な天草地域では生産者の努力で高品質のびわが出荷し続けられています。

びわの見分け方
全体的にハリがあるふっくらしたもの。表面のうぶ毛があまりとれていないものがおいしいびわのサイン!

保存方法
ほかの果物のように追熟して甘みが増すというものではないので購入したらできるだけ新鮮なうちに直ぐ!

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ11

気温差激しい季節に、赤で負けない抵抗力を!

楠若葉をわたってくる風が爽やかな季節を迎えました。この時期、昼間は夏のように気温が上がる日もあれば、朝夕は肌寒い。こんな時に最適な抵抗力アップの組み合わせ、店頭にキラキラして並ぶ様々な品種のミニトマトをつかったスムージーをご紹介します。

★ミニトマトと赤パプリカのスムージー★


<材料>
できあがり約
250ml
ミニトマト…10(120g)
赤パプリカ…1/4
水…4050cc

<作り方>
1)ミニトマトはヘタをとって、半分に切る。赤パプリカは種とヘタをとりスライスする。
2)ミキサーに全ての材料をいれて、なめらかになるまで30秒ほど回す。

<Recipeのポイント>
ミニトマトは普通のトマトより栄養価が高い。たとえばビタミンCは2倍、βカロテンは1.8倍で、そのほかのビタミン、ミネラル、食物繊維も普通のトマトに比べて多く含まれます。また甘くてクセがなく生食に向くパプリカも、赤や黄色のパプリカは緑に比べて2倍以上のビタミンCを含みます。こんな2品目の組み合わせで抵抗力アップに!

<ミニトマトのこと>
中南米原産のトマトはヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほどトマトが栄養豊富な健康野菜であることを表しています。
なかでも赤い色の成分であるリコピンには強力な抗酸化作用があり、生活習慣病の予防効果が期待されている機能性成分です。赤い色が濃ければ濃いほどリコピンの含有量が多いといわれています。最近の研究では、トマトジュースを継続的に飲むことで、リコピンを取り入れていくと花粉症の自覚症状が改善されるという結果も出てきているようです。

玉名市横島町はかつて海に浮かぶ島でした。横島干拓事業で陸続きにイチゴの栽培が盛んで有名ですが、近年はミニトマトの栽培も盛ん。天然のミネラル分が豊富な土壌で美味しいトマト・ミニトマトの栽培が盛んです。そんな横島町を含む玉名地域は、ミニトマトの生産量で全国一を誇ります。


写真は横島町の蘇鉄園芸さんの圃場です。

<赤パプリカのこと>
赤いパプリカに含まれる赤の色素はカプサンチンという、カロテノイドの一種。抗酸化力はリコピンと同等またはそれ以上ともいわれています。カプサンチンはナス科トウガラシ属に含まれる色素成分で赤く色づくにしたがってカプサンチン生成されていくのだそうです。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ10

むくみが気になる、そんな時に!

桜が綻び麗らかな季節の到来です。全国有数の生産量を誇るスイカ。
「真夏のおやつ=スイカ」ですが、植木のスイカは4月から5月にかけて収穫のピークで一番おいしい時期を迎えます。

甘くさっぱりとした後味が魅力最近は食べきりサイズの小玉も人気なのです。
夕方になると足がむくんでパンパンになってきたり、お花見酒で翌朝に顔がむくんだりするとき
体内の余分な水分を排出してくれる「カリウム」が豊富なスイカをつかったスムージーをご紹介します。


★スイカ+サラダみかん はるか+レモンのスムージー★

<材料>できあがり約250ml
スイカ…100g程度
はるか…1
レモン…1/4
はちみつ…小さじ2

<作り方>

1)スイカは皮と種をのぞき、一口大に切る。
2)はるかは皮をむいて薄皮ごと、中心の種の部分を避けて一口大に切る。
3)レモンは絞る。
4)ミキサーにスイカ、はるか、レモンの絞り汁、はちみつを入れて、ふたをしてなめらかになるまで回す。

<Recipeのポイント>
塩分の摂り過ぎによって起こる「むくみ」はスイカやきゅうりなどのカリウム豊富な食材がおススメ。カリウムが体の中の余分な塩分を排出して、むくみを緩和してくれます。

<スイカのこと>
原産地は?:
南アフリカ。エジプトでは、4000年前の栽培記録もあるそうです。
栄養は?:
ウォーターメロンと呼ばれるスイカは、果肉の90%が水分で占められるのですが、残りの10%に抗酸化作用があるβカロテンやリコピン、ビタミンC、カリウムなどの栄養成分や機能性成分が豊富です。果肉が赤いスイカには、リコピンが、黄色い果肉にはカロテンが多く含まれています。また、カリウムは体の中のナトリウムを排出させるため、利尿が促されむくみの改善につながる、代謝もアップして夏バテにも効果が期待されています。果肉より白皮に豊富なシトルリンは血管を若返らせる効果に加え、疲労回復、新陳代謝を促すことも期待されています。

<熊本のスイカが美味しいヒミツ!>
スイカ生産日本一を誇るその美味しさの秘密は熊本の地形と土にあります。盆地に似た地形ゆえに、昼夜の温度差が大きいため、甘さ(糖度)食感(シャリシャリ感)果汁とどれをとっても優れたスイカが収穫できるのです。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ09

まるでルビー! 真っ赤ないちごでストレス緩和?!

春一番が吹いて、暖かい日差しが降り注ぐかと思うと、
寒の戻りがあったりと気候不順な季節の変わりめ
なんとなく体の不調を感じることがありませんか。
パワフル、エネルギッシュ、ポジテイブを意味し
気持ちを高揚させたり、食欲を増進させてくれる、赤い色。
いちごやにんじんの鮮やかな色からもパワーをもらい
豊富なビタミンCでストレスをやわらげてくれる
そんなスムージーのご紹介です。

★いちご+にんじん+ヨーグルトのスムージー★

材料<できあがり約250ml>
いちご       56
にんじん      1/4
ヨーグルト     100ml

作り方
1)にんじんは皮をむき、薄切りにしておく。
2)ミキサーにいちご、にんじん、ヨーグルトをいれてなめらかになるまで攪拌する。

Recipeのポイント
イチゴに豊富なビタミンCとヨーグルトのカルシウムがストレスを和らげ、にんじんのカロテンが免疫力をアップします。季節の変わり目で体調を崩しがちな頃ストレスや風邪の予防にもおススメです。


<いちごのこと>
原産地は?:
南アメリカ原産のものと北アメリカ原産のものがオランダで交配されてヨーロッパに広まったといわれています。かつて日本では野イチゴが食用とされていて、栽培が始まったのは明治時代。

品種は?:
昭和30年代に主力の「福羽」から「ダナー」に移行して以来約10年ごとに主力品種が変化していることに加え、最近は主産県ごとに新品種が育成されて品種数が増えています。ちなみに熊本県では「ひのしずく」や「ゆうべに」。

栄養は?:
ビタミンCが多い果物の中で、いちごはトップ10に入るほど豊富。ビタミンCは肌荒れやシミを防ぐほか、ストレスを和らげてくれます。また赤血球の生成や細胞の健全な成長に欠かせない葉酸が多いのもイチゴの特徴。貧血が気になる人は積極的に摂りたい果物です。

<にんじんのこと>
原産地と品種は?:
原産地はアフガニスタン。イラン・トルコを経てヨーロッパに伝わった西洋種とアジアに伝わった東洋種があり、日本には江戸時代に東洋種が、明治以降に西洋種が伝わったといわれています。長根種と短根種に分かれおおよそ、長根種が東洋系品種、短根種が西洋系品種です。

栄養は?:
鮮やかなオレンジ色がカロテンで、皮膚や粘膜を丈夫にして風邪や感染症を防ぐ他、強い抗酸化作用でガンや生活習慣病予防にも力を発揮します。

<ヨーグルトのこと>
乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし、免疫機能を高めます。カルシウムの供給源に。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ08

春を先取り! やさしい甘みのレタスを飲むサラダに!

サラダの主役として人気の野菜、レタス。
冷涼な気候で育つ野菜のイメージですが
温暖な気候の天草下島、西端に位置する苓北町は
半世紀以上も前からレタス栽培が脈々と続けられてきた
レタス産地なのです。

夏の間に播種、秋に定植された「れいほくレタス」は
晩秋から桜の咲くころまで品種をリレーしながら
最盛期には一面美しい黄緑色に染まるほど栽培面積も広く
町の主要生産物として栽培が盛んです。

今では100%陸送でより早くより遠くまで出荷されていますが
半世紀以上前は、対岸の長崎に向けて船での出荷
佐世保の米軍基地の食を支えたとの歴史も持っています。

ゆるやかに軽く巻いた玉レタスは、
95%が水分ですがカリウムやカルシウムも含まれ
ダイエットに最適な低カロリー野菜でもあります。

にんじん、りんご、バナナとの組み合わせをご紹介します。

★レタス+にんじん+りんご+バナナのスムージー★

<材料>(できあがり約250ml)
レタス…1(1口大にちぎる)
にんじん…1/3本(皮をむいちょう切りにする)
バナナ…1/2(皮をむいて一口大に切る)
りんご…1/4(芯を除き、皮つきのままいちょう切り)
水…1/4カップ

<作り方>
1)ミキサーにレタス、にんじん、りんご、バナナの順に入れ、水を加えてなめらかになるまで回す。

<レシピのポイント>
カリウムやカルシウムを含み爽やかな味わいのレタスに、整腸作用あるペクチンを含むりんご、カロテン、ビタミん豊富なにんじんをプラス。栄養価高いバナナの糖質がエネルギー源になるので朝の栄養補給におススメの1杯です。


<レタスのこと>
原産地と種類・栄養は?:
原産地は地中海沿岸から西アジア。中国を伝わり平安時代には「ちしゃ」と呼ばれ、下葉を掻きとってたべる「立ち性」のものだったようです。主流の玉レタスは明治時代になってから定着したもの。水分の多い玉レタスに比べ、サラダ菜やリーフレタス、サニーレタスなどの葉レタスは、ビタミンC やカロテンやビタミンEも豊富で緑黄色野菜に分類されます。ヘタの切り口から出てくる白い乳状の液体はストレス緩和や睡眠を誘う成分に注目が集まり研究が行われています。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ07

白いブーケのような冬野菜カリフラワーで風邪対策や胃腸の健康に!

花のつぼみ、花蕾(からい)を食べるカリフラワーは、
ほのかな甘みがあり新鮮なものはサラダや彩りある付け合わせに
生でも食べられます。熊本県内では、
八代地域を中心に全国トップレベルの生産量を誇り、これからが旬!
華やかなシーズンに、
白いブーケのようなカリフラワーとデコポンのスムージーをご紹介します。

★カリフラワー+デコポン+りんごのスムージー★

<材料:できあがり約250cc>
カリフラワー  3房
デコポン    1/2個
りんご     1/4個
水       1/4カップ

<つくり方>
1)デコポンは皮をむき、ざく切りに。
りんごは皮と芯を除き、一口大に切る。
2)ミキサーにカリフラワー、デコポン、りんごを入れ、
水を加えてなめらかになるまで回す。

<レシピのポイント>
ビタミンCや食物繊維たっぷりの組み合わせ。
カリフラワー、デコポンに含まれるビタミンCは
強固なコラーゲン作りに必要な栄養。
風邪予防にはもちろん、ハリのある肌、
骨や関節のコラーゲンにも力を発揮します。
カリフラワーとりんごに豊富な
カリウムと食物繊維は、
冬に高くなりがちな血圧を抑えることにも
働くといわれています。


(写真はにじいろ農園さん)

<カリフラワーのこと>
原産地と種類は?:
地中海沿岸が原産で、ケールやキャベツ類の突然変異で生まれたといわれるアブラナ科の野菜。明治時代に渡来し普及しました。緑黄色野菜の人気に押されて生産量が減っていましたが、近年は、主流の白色に加えオレンジや紫のもの、円錐形で黄緑色のロマネスコなどカラフルな種類が出てきて熊本では生産面積も、生産量増えています。

栄養は?:
カリフラワーに含まれるビタミンCは、加熱損失が少ないのが特徴。その量はキャベツの約2倍とされる。ビタミンCは風邪のウイルスを抑えるので冬の風邪対策に。ビタミンCに加え、アブラナ科の野菜特有のイソチオシアネートを含むので、辛みが胃を刺激して食欲増進に、血栓予防にも効果も期待できます。発がん性物質を抑える働きがあるといわれ、ガン予防に作用する野菜としても注目されています。


(写真は宮本果樹園さん)

<デコポンのこと>
品種は「不知火」清見✖ポンカンの掛け合わせで誕生したもの。デコポンは熊本県の登録商標で糖度13度以上、クエン酸1%以下で光センサーで識別。頭に凸がついた特徴的な外観で、高糖度だがさっぱり、皮もむきやすいので人気の柑橘。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

ブログ一覧へ

ブログカテゴリ

5ツ星探索人