社員が語ります! オレ星11

くまパワの名物コーナー「わさもん」で紹介されたお店に行ってきたモン

KABのくまもと5ツ星チームで結成した
おいしいものを探す4人組TMエボリューション。
まぁ、盛り上がっているのは本人たちだけなのですが
Mの転勤により、活動を休止しておりましたが、、、、!
今回、新たなメンバーWが加わり、再結成の運びとなりました。

名付けて、

TWエボリューション!

MがWになった、わけです。まぁ、盛り上がっているのは
本人たちだけなのですが。。。

…というわけで、
新結成記念でおいしい星探索に行ってまいりました。

2018年11月に放送のくまパワ
名物の特集コーナー「わさもん」で、長木さんと上田アニさんが紹介してた
あのお店です。お、ちょうど一年前ですね。


食べてますね、食べてますね。
このピザ、おいしそうって、ずっと、ずっと思ってました!

PIZZA BAR Fujimo
ピザバル フジモ

この看板が目印。気分は高まります。

さぁ、新生TWエボリューション、おいしい星探索、
はじまります!

集合時間を間違えて、一人30分ほど早めに到着して
ワインをほぼ一本あける勢いで飲んでいたW。
すごい、場があたたまっておりました。

残業続きのエボリューション2号(探索隊2号)は
腹ぺこだったので、到着した途端に怒濤のように注文。


サラダ。野菜がほんと、おいしかった。
ドレッシングがいい塩梅なんですよね〜。
ドレッシングがおいしいお店は、かなりテンションあがります。


前菜の盛りあわせ。
その日の仕入れによって内容が変わるそうです。


おっと、あまりにも腹ペコだったので、
食べ物しかみておりませんでした。

店内を見渡してみると、
こじんまりとした、なんだか落ち着く空間なんですよね。
テーブル席、ふたりの世界に浸ることもできるし、


カウンター席。
お店の方と語りながら食事っていうのも、よさそう。


手書きのメニューも、
毎日書きかえられているようで!
なんか、あまりにも落ち着くのでついつい飲んじゃいます。


ワインもカジュアルに楽しめます。

それでは、お食事に戻りましょう!


ピザバルなので、ピザ3本立て。
まずは、本日のピザ。ひき肉のカレーピザ。カレーが名物みたいですね。
スパイシーなカレーが、チーズによく合う、合う!

生地、ソースは手づくりだそうです!
注文受けてから、店内の窯で焼き上げるので、アッツアツです。


そして、そして!
これは外せない! 長木さんと上田アニさんがおいしそうに食べていた
マルゲリータです。
もう、ピザの定番中の定番。いやぁ、これもおいしかった!


ちょっと休憩。
細切りのポテト。サクッとした歯ごたえ。
ワインが進みます。

そして、締めは!


クワトロフォルマッジ。
4種のチーズのこの組み合わせが、たまりません。
これが締めか! と覚悟しましたが、
かなりサクサクいけました。おいしくって。
ピザによって、生地の感じも変えられているようですね。

どうやらランチもあるようなので、
次はランチ探索でもしようと思います。
ごちそうさまでした!!

PIZZA BAR Fujimo
ピザバル フジモ

熊本市中央区下通1−5−21 有楽丁ビル2階
096-288-3004
ランチ11:30〜15:00・ディナー18:00〜翌3:00
不定休
※お休み、営業時間などはお問い合わせください
https://akr2585046373.owst.jp/

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/

社員が語ります! オレ星10

囲炉裏をかこみ、甘い田楽でココロもオナカも大満足

風が心地よく、ちょいと車で遠出をしたいな、というある日。
そうだ、阿蘇に田楽を食べに行こう!
と家族で出かけましたのは「高森田楽の里」。


合掌造りの建物が風情あります。

今回われわれがオーダーしたのは、一番スタンダードな田楽定食1980円(税込)。


さぁ炭が入りました。
生揚げや山菜料理、こんにゃくなどの付きだしが次々と運ばれてきます。


滋味深い…。
特に揚げたての生揚げは大豆の風味がたまりません。

さぁて、田楽がい~い感じに焼けてきました。
田楽は地元名産のつるのこ芋ほか、豆腐、山女、沢がに、こんにゃく。

お母さんたちが、焼けすぎてないかチェックしに来てくれたり、
手際よくお味噌をぬってくれたり。



いただきます。
まずはお芋のねっとりとした食感と甘さにびっくり!
山女は皮パリッ、身はふっくら。
炭火で焼いているからこその贅沢な味わいです。

田楽味噌はゆず、山椒、季節のみその3種類。
どの食材にも甘めの味噌がよく合います。

ラストはだご汁ときびめし。

お腹もいっぱいココロもほっこり大満足です!

秋のドライブがてら、ご家族でいかがでしょうか。
県外や海外からのお客様をお連れするのもおすすめですよ。

 

高森田楽の里
住所:阿蘇郡高森町高森2685-2らくだ山公園入口
電話:0967-62-1899
営業:3月下旬~11月/10時~19時半0.S.
12月~3月中旬/平日10時~17時0.S.、土日祝日10時~18時半0.S.

 

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/

社員が語ります! オレ星09

男のロマンがギュッと詰まった、絶品大人カレー!

突然ですが私、探検隊1号、カレーが大好きです。

最近はやりのスパイスカレー、
スリランカやインドカレーも食べに行きますし
ちょっと気取って欧風カレー、某ファミレスのカシミールカレー、
市販のルーを使った“家カレー”も大好きです。

守備範囲、かなりの広さです。

先日、久しぶりにいただいて、

「やっぱこれ、しみじみうまいなぁ」
と思ったのが、
市役所裏・有明ビル地下にあるお洒落なジャパニーズバル『タビビトノバル』のカレー。

その名も

『熊本ロマンチックカレー~赤牛グリルのせ~』1500円(税別)

カレーで1500円というと高い!と思われるかもれませんが、
食べたらわかります、その価値が。

 

赤牛の骨からじっくり丁寧にひいた出汁に野菜のうまみをプラス、
程よくスパイスが効いた、欧風、
いや、ザ・ニッポンのカレーとのちょうど中間のような…。

 「カレーって私たちが小さいころから食べてきた、いわゆるザ・ニッポンのカレーからかけ離れてはいけないと思うのです」とお肉番の本田さん。

 確かに。

どことなく懐かしさも感じる、
とにかく、他ではなかなか味わえない奥深~いカレーなのです。

ところでなぜ、“ロマンチック”?

 「僕たちのロマンをぎゅっとこのカレーに込めました」

 お肉番さんの軽妙なトークもおいしさの一つです。
カレーにあわせてあるご飯は七城のブランド米で、やや硬めの炊き加減も絶妙。

 同店はお酒もおいしいので、二次会利用で〆カレー、というのもおすすめですよ。

 

 タビビトノバル
住所:熊本市中央区手取本町3-8有明ビル地下1階
電話:096-342-5242
営業:17時~深夜1時(ラストオーダー12時半)
定休日:火曜

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/

社員が語ります! オレ星08

ジビエって、なんか熱い!「山ねこ軒」

TMエボリューション、解散の危機?!

おいしいお店を知りたいTとMの指令によって
おいしいお店を探っていた探索隊1号、2号のエボリューションの2人組。
勝手に名付けて、TMエボリューションのグループが
なんと、解散の危機をむかえております。
解散を惜しむ声は、ほとんど聞こえてはきませんが、危機です!

「おいしいもの、探しておくれ」と、
指令を出していたMが、転勤!
近いうちに、集結の約束を交わしたものの、そう頻繁には
集会が開けない状況におちいってしまいました。

いえいえ。
ここで落ち込んでばかりはいられません。
Mが帰ってきた時には、「ほら、探していたよ」と
すぐにでも集会を開けるように、調査は続きます。

…というわけで、今回は探索隊2号が単独行動で
おいしいもの、探してきました。

まぁ、熊本っておいしいもののポテンシャル高いです。

最近よくいっしょに食事に行く関東出身の熊本転勤族のご夫婦。
「次に転勤の辞令が出たら、旦那を単身赴任させる」
と奥さんがいうくらい、熊本のことがとっても気に入っているご様子。

とにかく、おいしいものが大好きなこのご夫婦によると、

「熊本は、どの店に入っても、期待以上のものが食べられる」

って。いやぁ、うれしいですね。

さてさて。
今回探索隊2号がおじゃましたのは、
熊本県庁のすぐ近くにある話題のお店「山ねこ軒」。

熊本の狩猟肉(ジビエ)と、
ポルトガルのワインがおいしくいただけるお店。


このビルの3階にあります。

前述のご夫婦に
「アナグマが入ったらしいから行こうよ」
と誘われて、ほいほい乗っかりました。


前菜。ズッキーニにオリーブオイル、チーズに塩胡椒。
シンプルだけど、むっちゃおいしい。


薪焼きのジビエ!
えっと、どっちかが猪で、どっちかが鹿です。
かたまりだと、わからないですね。


はぁ、ほんとうに美しい。
美味しいと、よく字をあてたものです。
おいしいものは、見ただけでも美しい。それを実感できる瞬間です。
猪さんは、きれいなピンク色。


鹿さんも、これまた美しい。

どちらも、薪焼きでとても香ばしい味わい。
なんというか、その香りまでがごちそう。
シンプルに塩だけでいただきます。


野菜も、お肉も、薪で焼かれています。
ああ、この煙のなかに顔をうずめて、くんくんしたい。。。


さてさて、この日のメインイベント!
アナグマ様の登場です。

ジビエのなかでは、最高にうまい、という評判のアナグマ様。
アナグマ様だけ、様あつかい。

いったい何を食べて生活したら、こんなに脂がのるのでしょうか。
とにかく、肉のうえに厚みのある脂がインパクト大。
口にしてみると、、、

うまい!!

うまい、うまい!!!

脂は、ススッととろけて、肉の旨味がギューッと。
苦手な人もいるかもしれませんが、
探索隊2号、このアナグマ様にやられました。。。
また、お会いしたい。
次、いつ会えるかな。。。


この日は、前述の熊本転勤族のご夫婦と、
ワイン好きな面々が集まり、これだけのポルトガルワインをいただきました!
あらためて見ると、すごい本数。

山ねこ軒、ご主人の村上さん。
ごちそうさまでした!

また、TMエボリューションの4人組みで
おじゃまします!


締めの一品。大満足!

山ねこ軒
熊本市中央区神水1-3-13 中尾ビル3F
tel.090-8623-2333
お昼(11:30〜13:30OS)は、ポークジンジャー定食が!
これまた人気みたいです。
夜(18:00〜21:00OS)は、狩猟肉と季節の料理
休み:日曜と月曜の昼
※昼も夜も予約したほうが良さそうです。

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/

社員が語ります! オレ星07

菊池という名のシェフが、菊池のモノでつくる、キクチイタリアン

くまもと5ツ星探索隊1号です。

ウワサに聞いてずっと行ってみたかったお店にやっと!
行くことができました!

その名も

コントルノ食堂

通常、夜のみの営業でしかも住所は菊池市内、
ということでなかなか行く機会がなかったお店。

それが、ゴールデンウィークの間だけ、ランチタイム営業をするというではないですか!!!

これは行かない手はない!と早速、家族を誘って行ってまいりました。

場所は菊池温泉街、菊池武光公像がある菊池市ふるさと創生市民広場のすぐ近く。
見つけましたよ、イタリアンカラーの看板を。

なんとも昭和な感じの建物の中にコントルノ食堂はありました。

ディープで隠れ家的な雰囲気にドキドキ。

さて、扉をそろっと開けてみると…

こぢんまりとした素敵な空間が。

すでに常連と思われる女性グループがワイン片手に食事をお楽しみ中でございました。
GW中のランチは1500円の1メニューのみ。

まずは前菜から。

菊池でとれたフレッシュな野菜たちに
自家製マヨネーズがかかった黄身がレモンイエローの安心ゆで卵。
平飼いの有精卵だそうです。

添えられている自家製のパンは有機の地粉100%を使用。
小麦の風味が違います!

もちっとした食感もすばらしい!
ずっと食べていたいおいしさです。

さて、この日のメーンは

古代小麦のショートパスタ野菜のトマト煮ソース。

野菜だけでこんなにうまみがでるの!?
チーズがかかったところとかかっていないところがあり、

「混ぜむらをお楽しみください」とシェフ。

はい!楽しみました!

菊池の、菊池シェフが、菊池の食材で作るイタリアン。

噂通りのおいしさでした。
次は夜にうかがいます!

菊池のやまあい村を自由に駆け回る「走る豚」をいただきに。

[コントルノ食堂]
熊本県菊池市隈府1114六軒街
tel.0968-41-6361
営業:18:00〜22:00
不定休

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/

社員が語ります! オレ星06

女子が大喜びするお店を探ってみた「フランス大衆料理の巻」

明日しよう、明日しよう、と先に先に延ばしていると、

あっという間に1カ月というものは経つものですね。

それを実感した、2019年の幕開けでした。
きっと本人たちしか認識していないかもしれませんが
こんにちは、KAB5ツ星担当のTとM、そして探索隊1号、2号から結成された
TMエボリューションです。

2018年の年の瀬、

いいことがあるとすぐに顔に出てしまうMと、
いいことがあってもポーカーフェイスのTに呼び出され

「新年会で使える、女子に喜ばれるお店、よろしく」

というお題を出されました。

「また、女子課題かよ、、、、、」

と心の声をぐっとおさえて、
5ツ星探索隊1号、2号がお気に入りの
とっておきのお店をふたりにご紹介することに。

TMエボリューションの4人組が
今回訪れたのは、、、、、、


熊本市の城下町、新町にある
ビストロ ドゥプラ

青い壁が目印です。待ち合わせする時に、
とってもいいですね♪

はじめての人でも、すぐわかる!

まぁ、地図アプリがあれば、
ぜんぜんヨユーなんですけどね。
昭和後期(でもないか。。。)生まれのTMエボリューションにとっては
「目印になる」って非常に大事だったりします。

19時に予約で店に行くと、すでにTとMは席について待っておりました。
すいません。先輩をお待たせして。。。

とお詫びを入れようとすると、開口一番に

「オレたち、このお店、来たことある。おいしいよね〜」

おっと!
接待用のお店だけが守備範囲じゃなかったのね。
「オレたちも、女子が喜ぶ店、知ってるんだぜ」と
心の声が聞こえてきました。

さて、飲みますか。

探索隊2号のこのお店が大好きな理由。
それは、お料理に合わせたワインのセレクトがステキなんです。
今ではすっかりお馴染みとなった、ナチュールワイン。
ぜひともお酒が好きな人たちと行って、ボトルで頼んでほしいです!

まずはかけつけの一本目。

ドゥプラさんのお料理は、「天草フレンチ」。

天草のご出身であるシェフが

「その地で育まれた食材を、その地の土で造られた器にのせて」
フランスの地方料理を表現されているそうです。

お魚は、シェフが釣り上げたものが多いと聞きました。
お肉やお野菜も、天草産のもの。

ひと皿、ひと皿に、ほんとうに天草への愛情を感じて
それは、それは、おいしゅうございます。

よぉく見たら、器も天草の作家さんたちのものです!
以前、おじゃました時は天草鮮魚のブイヤベースにノックアウトされましたが

今回は、オニオングラタンスープにノックアウト!

TとMに頼み込んで、おかわりしました。


2本目のワイン、そして3本目も飲んだはずなのですが、
記憶にも画像にも残っておりませんでした。

女子を連れて喜ばれるお店として、
今回TとMにご紹介しましたが、

仲間とワイワイ語り合いながら、おいしいワインを飲んで、
愛情たっぷりの滋味と工夫にあふれた天草フレンチをいただいて、
とっても豊かな時間が流れているお店です。

フランス大衆料理と自然派ワインのお店
ビストロ ドゥプラ
熊本市中央区新町2-10-10
tel.096-356-1430

電話で予約されることをおすすめします!

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/

社員が語ります! オレ星05

新米メンバーが海外出張「驚き! 香港でくまもと発見!?」

最近、南小国町にある赤馬場特産の「赤唐辛子」をGETし、
どんな料理にも唐辛子を刻む、真冬なのに常にHOTな新米メンバー「ルーキー」です。

さて、そんな私「ルーキー」ですが、
先日、海外出張を命じられ「香港」へ行ってきました!

「いや~香港は超都会だな~」

高層ビル群の迫力と、人の多さと、街には超高級車だらけで、驚きの連発!
でも、ちょっと路地を入ると、下町の雰囲気もあり「ほっ」と一安心。

今回、くまパワ+の取材で香港に行ったのですが、
事前にリサーチして、あるお店に取材で立ち寄りました!

それが

『割烹 櫓杏』

このお店、名前の通り「和食」のお店なんですが・・・

実は『割烹 櫓杏』は、熊本の食材、熊本の郷土料理を提供する
「熊本を堪能できるレストラン」として
2017年春にオープンしたお店なんです!
お客さんは香港人が6割、
あとは駐在している日本人も和食を求めて来店するそうです。

熊本のレストランとあって、店内には熊本の工芸品がたくさん!
熊本のお酒もこんなにありました!

食材も毎日、熊本から福岡経由の空輸で取り寄せ!
今が旬、八代の「鏡オイスター」もありましたよ!

この『割烹 櫓杏』で総料理長を務めるのが、
上天草市出身の園田総料理長。

「『櫓杏』で熊本の料理を食べて、熊本に行くキッカケになってほしい」と、
腕を振るっています。

中でも、だご汁や高菜おにぎりは、園田総料理長が幼い頃から食べていた
お母さんの味を再現!あっさりとした、醤油ベースのだご汁は〆に大人気!

そして、最上級の県産黒毛和牛と15種以上の野菜を蒸した
「せいろ蒸し」は、食通の香港人を唸らせています!

他にも、「ASOモーツアルト野菜の究極水サラダ」や、
「究極の牛カツ」など、どれも最高でした!

って「食べるのに夢中で写真撮り忘れた~!!!

5ツ星メンバーの皆さん私を叱ってくださいw。

園田総料理長!
熊本の食をもっと世界に広げるため、
香港での活躍を期待しています!

パクチー王子あらため、赤唐辛子の王様をめざすのだ「ルーキー」でした!

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/

社員が語ります! オレ星04

熊本グルメ探訪してみた「タイ料理の巻」

寝坊した時でも5時には起き、
真っ暗のリビングでゆるゆるストレッチ。
会社のメールの返信は、8時前には完了するMと、

会社の往復は、ウォーキングタイム。
坂道もマイペースに歩く
ン十年前の○○地区の神童T。

接待で使うお店なら、
すらすらと手配できるくらい
頭にたたき込まれているものの

「どこかおいしいお店、連れてってくださ~い♪」

と、女子に言われると
とたんにフリーズしてしまうふたりのために
立ち上がったのが、5ツ星探索隊1号、2号のコンビ、

名付けてエボリューション。

むちゃくちゃ強引ではありますが、
4人合わせて

TMエボリューション!

ミッションは、TMの進化です。

「あ、この店、知ってるよ」

と、TMコンビが若い社員の前で自慢できるよう、
エボリューションのふたりががんばって
おいしい店を探して、食べに行く。
という、なんともゆるい不定期連載、はじまります。
(いつまで続くかなぁ)

さてさて、1回目のお題は

「なんか、新しい店」

ざっとしたお題ですね。

なんか、というあたり。

そういえば1号にも、2号にも気になっている
お店がありました。

それが、こちら。
探索隊2号が、時々利用する電停「味噌天神前」。
電車に乗る度に、気になっていたものの、
お店の名前が、読めませんでした。

タイ料理のお店だということは、
かろうじてわかります。

なので、検索するにもできずに
予約はお店の開店まちぶせして、
直接店主へ!

お店の名前は、

プラチャン ガップ ダオ

タイの言葉で、月と星、という意味だそうです。

素敵じゃないですか?

TMコンビ、メモメモ…

タイ料理をはじめ、諸国を旅してまわった
ご主人が旅を通じて出会った料理を出してくれます。

さて、何から食べましょう。。。

TMコンビ「……ひとまず、上から順に…」


◆ヤムタックライ
レモングラスの和え物?? どんなもの??
と思ってましたが、これが、おいしい!!!
レモングラスのあの香りが、こんなにご馳走になるなんて!
な、一品です。
追加で2皿、いただきました。


◆ヤム・マクア
焼き茄子のタイ風和え物。
焼き茄子は、国境を越える!

 


◆サイウア
自家製タイのハーブソーセージ。
香草の香りと、お肉のギュッとしたネットリ感が
なんとも美味。(表現がへたくそですいません!)
これは、好き嫌いが分かれるなぁと
思っていたら…

TMコンビ、ビールがとまらない様子

まだまだいきます!


◆ガイヤーン
タイの焼き鳥。


◆タイ風海老と春雨の蒸し焼き
ビールおかわり!


◆あぶり牛のタイ風和え物
ビール、もう一杯!


◆カオクルック カピ
タイ風のまぜごはん。
この時間くらいから食べることに夢中で
写真撮り忘れておりますが
これはまぜまぜした後のもの。

タマネギ、インゲン、ピクルス、干しエビなどなど
甘いもの、辛いもの、酸味のあるもの、、、と
それをまぜまぜしたら、なんという一体感!

グルメ探訪のしょっぱなから、
エスニック料理は少々ハードル高かったかなぁ、と
思いつつ、TMの様子をうかがうと、かなり満足の様子。

エスニック料理の良さと、日本人好みの味付けが、
素晴らしくマッチした料理ばかりでした。

「じゃ、明日早いから」と、
帰っていったTMコンビを見送り、
エボリューションコンビは、最後のデザート。


◆つぶつぶマンゴー入りココナッツアイス
満腹すぎて、このサイズのデザートを目にした時は、
ちょっとひるみましたが、
なんのことはない、あっという間に完食。

大満足でございました!

マスターありがとうございました。

※お店にうかがったのは、9月末のことです。
ご紹介したメニューの内容は変わっているかもしれませんので
ご了承ください!

 

 

Phrachan gap dao
プラチャン ガップ ダオ

熊本市中央区大江本町6-8
050-1165-0969
18:00~23:30(L.O.23:00)
休み:木曜
熊本市電の「味噌天神前」のすぐ近くです
予約して行くのがいいかと思います

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/

社員が語ります! オレ星03

新米が語ります! I LOVEパクチー日記02

「柔軟剤にパクチーの香りが出たらいいのにな~」と夢見る、
パクチー大好き新米メンバー「ルーキー」です。

そんな私が最近、パクチー革命にふさわしいあるものを発見しました!

それが、こちら!!!

『パクチー塩糀』

こちらは、熊本で農産物を生産しながら、その農産物を原料とした商品開発を行う
熊本県の「ナチュール」という会社が去年発売した商品のようです!

熊本で栽培されたパクチーを、山鹿の老舗麹屋さんの塩麹とコラボして出来た「パクチー塩糀」。
パクチーを塩麹にじっくり漬け込み、一つ一つていねいに手作りしているそうです。

中はどうなっているかと言いますと

細かく刻まれたパクチーと、しっかり麹の感じが残っていますね~。
サラダやお刺身にそのままかけてOKということで、
まずは一品目『タイのお刺身』

「う、う、うーーーーん!あうっ!!」

パクチーの香りが口の中に広がる~!そして絶妙な塩加減がGOOD
パンチ力というよりは、まろやかな優しさがあるので、パクチー初心者もいけるかと!!

続いては、夏の定番「そうめん」と合わせてみることに。

湯がいてしっかり冷やしたそうめんに「パクチー塩糀」を投入!
残っていたトマトをついでに乗っけて完成!!
雰囲気、冷製カッペリーニみたいではw

実食!

「僕とパクチーの夏はまだまだ終わらない!」そんな感じですw
(また食べたいほど美味いという意味です)

そんな「パクチー塩糀」、肉や魚を漬け込んだり、
炒めもの・煮込み料理など塩の代わりに使えるそうなので、私も試してみます!

商品は、ナチュールのホームページから購入できます!

http://nature.urdr.weblife.me/index.html

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/

社員が語ります! オレ星02

新米が語ります! I LOVEパクチー日記01

みなさん、こんにちは!
くまもと5ツ星チームの新メンバー、愛称「ルーキー」です。

まぁ、ルーキーと言っても、年齢は31歳。妻子持ち。
見た目は、アラフォーのオールドルーキーです(笑

初投稿は、私が最も愛する
「パクチー」の私流の食べ方について語らせて頂きます!

 

パクチーブームが起きたのはもう数年前ですかね?

初めて食べた時

「なんだこの草は‼︎

と衝撃的な出会いでした。(良い意味で)

以来、パクチーに魅了され、我が家の冷蔵庫にはいつもパクチーストックが
そんな私がおすすめする、パクチーの食べ方がこちら!

『手羽元と新玉の煮込み~パクチー大量乗せ~』

圧力鍋で柔らかくなるまで煮込み、
味付けは塩と薄口しょう油のみ!

あっさりした鶏のうま味とパクチーの相性はバツグンです!

さらに、晩酌のおつまみには、こちらをご提案!

『白エビの塩ゆで~パクチー大量乗せ~』

こちらは、天草産の白エビをさっと塩茹でしたもの。
もちろんそのままでも美味しいですよ!

ですが、私はパクチーをプラス!(カボスをかけ酸味もプラス!)

エビとパクチーの相性は、テッパンですね!
焼酎がすすみますわ

現在、熊本県産パクチーのあるモノをお取り寄せ中です!
また、報告します!「目指せ!パクチー王子の座!!」

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/

社員が語ります! オレ星01

仙台取材でご当地グルメを満喫<出張5ツ星>

KABくまもと5ツ星ディレクターの、DDです!

今回はある取材で仙台へと飛びました。
地方取材で楽しみなのは…

やっぱり!

その土地のグルメを堪能することですよね!
今回は仙台の旅で満喫した、『くまもと5ツ星』ならぬ…
『せんだい5ツ星』をご紹介します!

くまもと5ツ星、番外篇です。
熊本のおいしいものを探すために、
県外のおいしいものを参考にするんです!

まず、仙台駅に到着して食べたのは
やっぱり『牛タン』です!

仙台駅の中には『牛タン小道』という牛タンの店が集まったフロアがあるんです!
どれも有名店ですが…
僕が行ったのは『善治郎』という老舗のお店。
頑固そうな人が焼き場を仕切っています。

 

そして、1日限定100食の『上撰極厚真中タン定食』を注文!名前からしておいしそうです。

 

ジャジャーーん!
きました!本場の牛タン!極厚!


ご飯は麦飯!とろろ付き!
牛テールスープも最高です!

いやぁ…仙台到着の最初から
『ガツン』と心に響く絶品5ツ星に出会えました。

続いて夜の会合で出てきたのがコチラ!

 

珍味『ほや』です!
この時期が旬なんだそうですよ。
全然臭みもなくて食べやすかったです!

さらに! さらに!

仙台のソウルフードだから食べた方がいいよ!と勧められたのがコチラです!

 

麻婆焼きそば!!
仙台駅から歩いて行ける場所にある
『泰陽楼』というお店は、柔らかい麺と揚げ麺、
好きな方をチョイスすることができます。

僕はちょっと珍しい揚げ麺を…

まさに、麻婆丼の麺バージョン!

合わないわけがありません!美味でした。
最後は、マツコデラックスが紹介して
めちゃくちゃ人気が出たというコチラ!


 

ずんだシェイクです!

爆発的な人気で仙台駅や仙台空港にも
お店がありますので、
旅の最後に是非味わってみて下さいね!
美味しいものばかり
食べているように思うかもしれませんが…
ちゃんと仕事はしていますから!

何の取材かは、また後日アップさせて頂きます!

いつもは、くまもとの5ツ星を探しまくって、紹介しています。
<くまもと5星ディレクターDD>

 

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/
ブログ一覧へ

ブログカテゴリ

5ツ星探索人