熊本なにコレ物産館22

コシととろみが特徴、食すことのできる国の天然記念物

今回は、私が常備しているモノをご紹介します。

こちら!

熊本城下町に残る老舗料亭「日本料理おく村」のオリジナル素麺「珀翠」と
麺つゆ「琥珀の詩」です。

皆さんは、「ひご野菜」(熊本市指定)の一つ、“水前寺のり”をご存じでしょうか。
数億年前から熊本県と福岡県の一部、環境のよい水の中でのみ生息する淡水のりで、
かつては細川藩から幕府への献上品として珍重されていました。
いまは国の天然記念物にも指定されている、とっても希少な“食することのできる天然記念物”!
また、日本人に不足しがちな鉄分やカルシウムを豊富に含み、
抽出される「サクラン」という成分は、保水力がヒアルロン酸の約5倍と言われています。
最近ではサクラン入りの化粧品も見られるようにましたね。

ところで、くまもと5ツ星でもおなじみ、奥村賢料理長は“水前寺のりマイスター”としても活躍中。

料理長が水前寺のりの特徴を存分に生かしてつくりあげたのが、「珀翠」と「琥珀の詩」というわけ。

まず、「珀翠」は水前寺のりを惜しげもなく練りこみ、伸びにくく、コシがあり、
夏場だけでなく煮麺やチャンプルーにしても楽しめます。
「琥珀の詩」はサクランのとろみ成分が生かされてトロっ。

今日はグッチ祐三さんレシピ「いりこそうめん」をアレンジしてみました。
体にも良く文句なしのおいしさです。

日本料理おく村
熊本市中央区新町1-1-8
☎096-352-8101

店頭で購入の場合はお電話でお問い合わせを
オンラインショップはこちらから
https://www.e-okumura.net/

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館21

市街地から約20分のドライブで非日常が味わえる、新感覚のドライブイン

熊本市街地から車でほんの20分。
なのに、自然豊かでちょっとしたドライブにも最適な場所、
それが河内町の玄関・芳野エリアです。

フルーツ狩りと流しソーメンで有名な「優峰園」隣に先月オープン、
早くも話題なのが「ニュードライブインUFO」。

“ドライブイン”

まずはそこをつっこみたい(笑)。
小さいころ、家族で郊外にお出かけすると必ず寄ったドライブイン。
トイレ休憩がてらお茶を飲んだり、お土産を買ったり、
レストランでちゃんぽんやカレーを食べたり。
最近はすっかり見かけなくなりました。
昭和生まれの私には、とても懐かしい響きです。

それから“UFO”

「優峰園」にかけているそうですが、
なんだか本当にこの山にはUFOが現れそうな…(って強引か)。

また同店は、水道町の人気店「テラス」がプロデュースというから
訪れる前から期待が高まります。

さて、本妙寺入口方面から河内へ。
山道を進むと突如、現れました。

ニュードライブインUFO!

ちょっと昭和なテイストがいい感じです。

店内はロッジ風。

ゆったりとしているので、ファミリーやカップルで出かけるのもいいし、
カウンター席で緑を眺めながら一人のんびりお茶、というのも良さそう。

メニューはコーヒー、エスプレッソ、ラテ、スムージーなどのドリンクほか、
テラスで人気のグリーンカレーやポークビンダルーカレー、
姉妹店ファイヤーバーガー名物のスパイスホルモン煮込み定食も。

私はお勧めされたUPO麺をオーダーしました。

おっとなんだこれは!?

UFOをイメージしたと思われるイカツイ器に入ってきました。

え? なぜにUFO麺じゃなくて「UPO麺(ユーポーメン)」…?
中華版ペペロンチーノと言われる油撥麺(ユーポーメン)をアレンジしたものだそうです。

十数種ブレンドされたオリジナルスパイスと、
たれ、麺をよーく混ぜ合わせていっただっきまーす!

おいしい!

スパイスが容赦なくガツン、
もちもち太麺にナッツがまたい~いアクセント。
パクチー増し、スパイス増し、追い飯もOKでしたよ。

さらに、同店にはお隣「かわゆか」の手作りケーキも並んでおり、
食後、アイスコーヒーと一緒に。


旬のイチジクたっぷりタルトまでいただいて大満足♡


ニュードライブインUFO
熊本市西区河内町岳1144
☎096-277-2518
営業/11時~16時、不定休

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館20

ジャパイス!? 新ジャンルのカレーに出会いました。

お酒もつまみも美味しく、熊本の食材も楽しめるので、
県内外にファンが多い「タビビトノバル」(熊本市役所裏)。

同店のお肉番・本田料理長より

「10 月 1 日、お昼の新企画をスタートします!
リリース前にお披露目会を開催しますので来られせんか?」

との連絡が。

なになに?
『コンセプトは JAPANESE × SPICE CURRY。名づけて、ジャパイスカレー!!』


タビビトノバルといえば、赤牛の骨や野菜でとった出汁に程よくスパイスを効かせた「熊本ロマンチックカレー」が有名ですが、それとは全く異なる新しいカレーブランドにしていきたい、とのこと。

ジャパイス……興味津々です。

試食会では、

・おでん風和がらしと投入のカレー
・こがしニンニクと黒ごまの唐揚げカレー
・豚の角煮の八丁味噌カレー
・刻み浅漬けと梅肉のキーマカレー

の4種をちょこっとずついただきました。


ほほぅ。
カレー、確かにスパイシー、なのにしっかり和の味がします。
これは新しいジャンル。
私は特に豚の角煮の八丁味噌カレーが気に入りました。


お皿には、日本料理出身の本田料理長ならでは!
自家製ぬか漬けや品の良いおばんざいも添えられていて、カレーのお口なおしにぴったり。

10月1日からのメニューは、
「本日のカレー」より

〇シングル(カレー1種、おばんざい3種)900 円
〇ダブル(いわゆるあいがけ、カレー2種とおばんざい4種)1200 円
〇トリプル(欲張りさんにはコレ、カレー3種とおばんざい4種)1500 円

オリジナルの黒糖ラッシーとともにどうぞ。

 

タビビトノバル
熊本市中央区手取本町 3-8 有明ビル地下1階
096-342-5242
ジャパイスカレーの営業は12時~15時、日曜休

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館19

罪悪感ゼロ! ダイエット中もOK、ロカボスイーツ

“おいしいものは、脂肪と糖でできている。”

某飲料水のキャッチコピーですが、印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

私はこのCMのナレーションを聞くたびにゾゾゾッ。
だって、アレもソレもコレも⁉
好きな食べ物のほとんどが、脂肪と糖でできている…。
私が炭水化物抜きダイエットや話題のグルテンフリーダイエットにトライできないのも、“無類のパン好き”だから、というのが理由の一つ。

そんな私の強い味方が、鎮西通りにある老舗「パンの宝屋」の新ブランド「よしパン」です。https://yoshipan.thebase.in/

ロカボ(low-carbohydrate =低糖質)パンがとにかく豊富。

生地は、オリジナル配合の粉に人工甘味料不使用で糖質88%カットに成功した「スマートパン」ほか、大豆粉100%で抵糖質・高たんぱく質の「マッチョパン」、そして雑穀を加え美容にも良い「シェイプパン」の3種類。

どれもふわっふわで、くにっくにっとした不思議な食感です。
ロカボパンだからといってぼそぼそとしていないのも人気の秘密。
丸パンほか、ゴマ入り、食パン、カレーパン、クリームチーズ入り、ピーナツサンド、ピザなど種類も多彩です。目玉焼きやソーセージなどとともに食事パンとしてもいただける低糖質アメリカンワッフルもおすすめ。

そして最近、ロカボパンに加え、ロカボスイーツが仲間入りした知り、早速、お邪魔してきました。

購入したのは低糖質パウンドケーキ。

見て! 食欲をそそるこの美しい焼き色を。

外側は結構カッチカチで、ん? もしかしてボソボソ系?
と思いきや、いただいてみると外はカリッと、中はしっとり。やさし~い甘さが後を引くおいしさです。

このパウンドケーキは1本約300gで、100gあたりの糖質量わずか4.5 g、 食物繊維はなんと15g も含まれているそうです。

朝食に牛乳や豆乳とともにいただきましたが腹持ちも◎。
これならダイエット中でも罪悪感なくスイーツが楽しめますね。

パンの宝屋・よしパン
熊本市中央区九品寺3-15-10
営業/7:00~20:00(祝日14:00まで)、日曜休
問い合わせ/096-364-1579

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館18

名物うに蕎麦に南蛮柿の天ぷら! 贅沢な“天草の夏”を堪能してきたよ

天草で蕎麦!?
意外に思われるかもしれませんが、100%地元産そばと石臼挽きにこだわるお店が天草市内にあるのです。

その名も「苓州屋」。

同店の名物が季節メニューのうに蕎麦です。
天草ウニは栄養豊富な海藻を食べて育つので、甘味が強く濃厚。保存料など一切使わずウニそのものが味わえます。同店では春はムラサキウニ、この時期は赤ウニをいただくことができるとあって、連日多くのお客さんでにぎわっています。

これですよーコレこれ!

お店の方から聞いた通りに、ウニをまずはそのまま。
そして、天草のお塩で。最後は牛深の節と天草大王のスープがブレンドされたつゆを豪快にかけて。

んもーーー最高♡

特に私はお塩でいただくのが気に入りました♪

それからせっかく天草まで来たので南蛮柿の天ぷらも。

南蛮柿とはイチジクのこと。
南蛮文化の影響を色濃くうけた天草は、日本におけるイチジク発祥の地と言われています。

天ぷらはさくっと揚がっていて、イチジクのジューシーでさわやかな甘みとつゆがベストマッチ。
南蛮柿も赤ウニも今月いっぱいはいただけそうですよ。

ドライブがてらぜひ。

天草蕎麦処 苓州屋
http://reishuya.jp/
天草市東町48番地
☎0969-22-9966

営業/月、水~金 昼 11:00~15:00(o.s. 14:30)
土、日、祝 昼 11:00~15:00(o.s. 14:30)、夜 17:00~21:00(o.s. 20:30)

【おまけ】
“日本三大ちゃんぽん”の一つとしても知られる天草ちゃんぽん。
私も大好きです。
苓州屋さんにお土産用オリジナル天草ちゃんぽんセットが売ってあったので購入。早速、その日の夜にいただきました。

中はこんな感じ↓

自宅にあった野菜と豚バラと竹輪でちゃちゃっと。

スープは豚骨スープに天草大王の鶏がらスープをブレンドしてあるそうで、濃厚かつマイルド。

特筆すべきは麺!
熊本や天草のちゃんぽん麺の特徴、黄味がかっていて太麺、もちもち!これは熊本土産に使えそうです。

天草ちゃんぽんオンラインショップ
http://champon.reishuya.jp/

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館17

私って天才⁉ と思わせてくれるコスパ最強のオンデマンド料理教室

シャワー通りからちょっと入ったところにある「ショコラ カフェビストロ」の
【シェフズキッチン】。

自宅にいながら、好きな時間にプロの技を学ぶことができる料理教室キットのことで、信頼しているシェフが、作り方やコツを専用動画で説明してくれるだけではなく、材料がすべてそろっていて、お店の味にチャレンジできるという優れもの。

受講方法はまず、その週のはじめにショコラのSNS上で発表されるメニューからチャレンジしたいものを選びます。

電話かSNSのDMで申し込みをし、その週末の好きな時間にお店までキットを受け取りに行けば(配送も可)、あとは自宅で動画を見て、作るだけ!

さて、私が今回、チャレンジしたのは「旨味たっぷり!海老とムール貝のパエリア」です。旨味たっぷり!!海老とムール貝のパエリア

食材はコンパクトな保冷バッグに入っていました。


中身を取り出してみると↓
おー!すごい、
オリーブオイル、白ワインまで!

ムール貝なんて近所のスーパーでは手に入らないし、数個でいいし、トッピング用のパセリまで入っているのがうれしい!

紙レシピも入っていますが、先に専用動画を確認しました。

宮本シェフの説明が、とにかく活舌も良く分かりやすい!
作り方・コツだけでなく、今回のテーマである“旨味”について、なぜ、どうやったらその成分がでてくるのか、

へーっ、ほーっ
と“目からうろこ”話が多々あり、とても勉強になります。

そしてできあがりがコレ!

ジャ、ジャーン!


私って天才⁉

・・・・思わず口に出してしまったほどのおいしさです。

お米がいろいろな旨味を吸収していて、使用した調味料がひとつまみの塩だけ、というのが信じらせません。

ちゃんとおこげもできていました。

これで1セット2人前2500円(税別)はコスパ良すぎ!
県外の方からも注文が入るというのも納得です(配送可)。

ちょっとしたコツと、ひと手間。これらがあるからこそのプロの味なんだなあ…と実感しました。
また違うメニューにもチャレンジしてみたいと思います。

 

詳しくはこちらから↓
https://shop.chocolat-store.com/items/32137801

【問い合わせ】
ショコラカフェビストロ
☎096-355-3157

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館16

芦北の恵みがいっぱい! 天然のデトックスフルーツティでリラックス

とってもステキな商品を見つけました。

Fruit de life
という名のドライフルーツ入り紅茶です。

芦北のこだわり柑橘農家さん『田舎工房』のドライフルーツ(この袋には甘夏ピール、温州ミカン、キウイ)に、同じく芦北の無農薬栽培で知られる『お茶のカジハラ』の和紅茶ティーバッグ1個が真空パックされています。

見るからに“映え”そう、女子うけしそう。

添付されている作り方を見てみると、

「ボトルにドライフルーツと紅茶パックを入れ、水450ml程度、2時間~8時間程度で完成。紅茶の代わりに炭酸水、ワインなどでもアレンジできます」。

 簡単!

早速、まずはスタンダードにドライフルーツティを作ってみることに。

ボトルに袋の中身を入れ、ミネラルウォーターを8分目くらいまでそそぎます。
そして冷蔵庫へ。

半日後、自宅に戻り冷蔵庫からとりだすと、できていました!
おいしそうなドライフルーツティが。

やさしい自然の甘みとすっきりとした酸味。
ほのかな紅茶の香り…

これはおいしい!

ほっ。

リラックス効果もありそうです。天然のデトックスティウォーター、これは特に女性に特におススメかも!

ボトルに残ったドライフルーツは冷蔵庫に常備している合志市オオヤブデイリーファームのMILK’OROヨーグルトとともにいただきました。

最高の組み合わせです☆彡

ボトル付きのFruit de life、これはホワイトデーの贈り物によいかも?
私は、次はホットで楽しんでみたいと思います。

価格は、ドライフルーツティ(ボトル)1本1300円(税別)ドライフルーツティ(スティック)1本400円(税別)

<お問い合わせ>
田舎工房
熊本県芦北郡芦北町田浦1679
TEL0966(87)1177
inakakoubou.com

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館15

料亭の厨房でいただく裏メニュー。絶品の”角打ち”UFOとは!?

「くまパワ+」でもおなじみ、熊本のカリスマプロガーけんさむさんが昨年、ブログで紹介されていた“角打ちUFO”。

けんさむさんのブログはこちらから

「くまもと5ツ星ファミリー」の一人、日本料理おく村の裏メニューとあり、これが食べてみたくて食べてみたくて6代目に直談判したところ、

「よかですよ」

とあっさり、ちゃちゃっと作ってくださいました!

熊本地震をきっかけに誕生したというこの“角打ちUFO”。
そういえば、熊本地震直後から積極的に支援物資を受け入れ・提供を行っていた奥村さん。“少しでもみなさんに温かい食事を”と大量に届いたインスタント食品の中から、UFOを6代目風にアレンジしたのがこの焼きそばなのだとか。加えて、厨房でわいわいつついたことから“角打ちUFO”と名付けたのだそうです。

 

この日は店休日をねらっておうかがいしたので、いつもの胸に「くまもと5ツ星」のロゴが入った白衣ではなく、ジャージー姿といういで立ちの6代目。

 特別に厨房に入れていただきましたが、さすが! どこそこぴっかぴかです!


さて、具材はネギ、キャベツにこの日はスティックセニョールも加わる豪華版。


途中、ネギをシャキシャキ食感にする切り方などのレクチャーをしていただきつつ、麺はカップの中にお湯を入れて待つこと3分。

野菜はフライパンで軽く痛めて、お湯を切った麺、付属のたれに、秘密の激辛調味料をあわせてできあがり!


ジャ、ジャーン!

コレです、コレです!
けんさむさんのブログで見てあこがれていた焼きそば!

野菜のシャキシャキ感と紅ショウガがいいアクセントとなり、ピリリと辛めのソースが後を引くおいしさ!!

最高です。

この焼きそばは裏メニューにつき、通常は食べることができませんが、おく村の柄違いの名刺、6種を集めた方にはふるまっていただけるそうですよ。

 

 

日本料理おく村
https://www.e-okumura.net/
熊本市中央区新町1-1-8
096-352-8101

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館14

専門店顔負けのカレーがお替り自由! シュラスコとともにお腹いっぱい大満足

あの、水道町のテラスに、カレービュッフェが新登場!
と先日、「くまパワ+」で紹介されていたので、カレー好きの友人と早速、出かけて参りました。

テラスといえば、熊本県産の牛・豚・鶏をシュラスコスタイルで、また、ひと手間もふた手間も加えたデリサラダをビュッフェスタイルで楽しめるとあって、オープン当初から特に女性に大人気のお店です。

今回、ランチのレギュラーメニューに新しく加わったカレービュッフェ。
毎日4~5種のカレーが並び、デリサラダ、デザート、ドリンクがいずれも90分間お替り自由で一人1300円! なんてお得なのでしょう。
いや、待てよ?

レギュラーメニューのシュラスコランチ(1600円~)には、ボリューム満点のお肉+デリサラダビュッフェ+ドリンクバーにプラス、カレービュッフェがつくのだから、シュラスコランチがさらにお得?

というわけで、大好きなポークシュラスコランチ1600円にいたしました。

まずはデリサラダビュッフェコーナーへ。
どれもおいしそう。
わたしのお皿はこんな感じ。自家製フォカッチャ、熊本野菜のピクルス、キビナゴの南蛮漬け、ヤムウセンなどなど。

こちらは友人のお皿。
ほほぅ、セレクトが違っていておもしろい。
お!来ましたよ。ポークシュラスコ。
見て、このボリューム!
数種類の県産豚の中から今日のポークは水俣・モンヴェールさんのもの。
やわらかい肉質と甘みのある脂身が特徴で、シュラスコ専用のグリルで外側は香ばしく、中はジューシーに焼きあがっています。
※こちらは過去の写真より
イケメンシェフとしてもファンの多い海丸総料理長

ふぅ~っ、デリサラダとお肉ですでにお腹がまんぷ…、いやいや今日はカレーを食べに来ていたということを一瞬、忘れておりました。

本日のカレーは下記の5種類。

 ・レッドビーフカレー
熊本産レモングラスとビーフをふんだんに使った辛口カレー。濃厚なココナッツミルクとアサリの出汁のうまみでまろやかなお味に。

・ポークビンダルー
南インド地方に伝わるミントとビネガーを使った酸味が効いたカレー。ホロホロの豚肩ロースがゴロゴロと入っていました。

 ・牛すじカレー
テラスの定番カレー。シュラスコに使われる牛のスジ肉をトロトロになるまで煮込んであり、うまみたっぷり。

 ・山鹿ハーブ鶏のグリーンカレー
こちらも定番ですね。鶏でひいたチキンスープをベースにココナッツミルクとフレッシュなバイマックルの香りが効いています。

 ・バジルチキンカレー
バジルが効いた辛さ控えめカレー。トッピングの朝天唐辛子がベストマッチでした。

欲張りなわたし。ちょっとずつでも色々いただきたくて、小皿に2種、計4種を“あいがけ”にしてみました。

丁寧に引いた出汁にスパイスの調和、さすが手を抜くことを知らない海丸シェフ!いずれもカレー専門店に負けないお味で、カレーマニアの友人もうなりまくっておりましたよ。

さて、甘いものは別腹ですね。
ランチにデザートビュッフェやコーヒーなどドリンク類も含まれています。
さらに!
今日は友人のお祝いも兼ねていたので、贅沢に焼きパイナップル(2枚200円)もプラスしてみました。これがまた美味しいの!
胃の中がスッとすっきりするので“〆パイナップル”、お勧めですよ。

大満足のカレービュッフェ付きシュラスコランチ。すでに話題となっているようなので、予約をしてお出かけください。

 

 

 

テラス
熊本市中央区水道町3-38
096-245-7518

<営業>
ランチタイム
11:30 – 15:00 [最終入店 14:00]
ディナータイム
平日18:00 – 23:00 [最終入店 22:00]
土 18:00 – 23:00 [最終入店 22:00]
日祝18:00 – 23:00 [最終入店 22:00]

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館13

アクが少なく調理しやすい、ニョロニョロ茄子!?

健軍のマリスト学園のすぐ近く、
作り手の顔が見えるこだわり農産物が人気の「Nakata」さん。


私はココロとカラダが元気になる同店のスムージーの大ファンで、

今日は赤で!
今日は緑!

とその日の気分でオーダーするのが楽しみの一つとなっています。


さて、店内にはスタッフが“朝からとってきました”という野菜や、
契約農家さんから届く新鮮な野菜・果物が並んでいます。


その中に、

え⁉ なにコレ!
ムーミン谷のニョロニョロ…

ユニークなカタチの茄子を見つけました。


1袋100円(税別)と値段も安いので、規格外かなにか?
と思ったら!

「ひもなす」という品種だそうです。

「アクが少なくてとってもおいしいですよ」
という店主のススメで買ってみることに。

自宅にあったヒゴムラサキと並べてみました。


おぉ、本当にひものようなカタチをしています。

アクが少ない、ということだったので、水にはさらさず、そのままざくざくと切り、
同じく井農園さんの甘みの強いピーマン、牛バラと一緒に甘辛く炊いていただきました。

うんまい!
茄子にはしっかりと味がしみ込み、食感も最高!
調理もしやすいし、おかずにもお弁当にも良い一品となりました。

ひもなす、皆さまも店頭で見かけたらぜひ、買ってみられてください。

こだわり農産品直売の店『Nakata』
住所:熊本市東区健軍2-13-12
電話:096-273-8333
営業:10時~19時(祝日は17時まで)
店休日:日曜

 

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館12

猫の島・湯島で過ごした30分は、なかなか経験できない贅沢な時間でした。

久しぶりの投稿です。

先日、仕事で天草に行く機会がありました。
朝から栖本、龍ヶ岳、姫戸とまわり…時計を見ると14時過ぎたところ。

おぉ! この時間なら、湯島行きの船に間に合うかも⁉

とこちらは完全プライベートで大矢野の江樋戸港を目指しました。


間に合ったー!

目指すは湯島です。
島原の乱では天草・島原のリーダーたちがここで作戦を練ったことから「談合島」、そして、いまは島民より野良猫の数が多く「猫の島」とも言われる、人口約280人の小さな島。湯島大根、ウニ、アカモクなど山海の幸に恵まれた島としても有名ですね。

その湯島へは定期船で30分。
この日はとてもいいお天気で、せっかくなので外へ。梯子で船の屋根の上?にあがってみました。

ゆっくりと船は出港。

気持ちいいー! GO!GO!


ところが進み始めると結構、波は荒くてスマホや荷物が飛ばされてそうになるわ、
どこかにつかまっていないと私自身も海に落ちそうになるわ、遊園地のウォーターアトラクションばりにザッバーンと頭から水しぶきを浴びるわで…。


(この写真は帰りの船の上から)

ただただペタリと座り込んでいたところ、乗組員の方が梯子をのぼって運賃600円をとりに来られました。

あの…もしかしたらここは上がってはいけなかったのでしょうか?

 「いえ、いいですよ」

 と乗組員さん。

 あ、そうなのですね。
(でも、良い子のみなさんは真似をしないでくださいね)

 

 

さて、湯島に到着しました。

湯島では人懐っこい猫たちと、

前回ご紹介した、漁師の松尾さんファミリーが出迎えてくれました。
http://kumamoto5star.jp/blog/1104/

戻りの最終船の時間まで、わずか30分しかなかったのにも関わらず、前の日に進水式を終えたばかりの新しい船「神風」に乗せてくださり、


また、
「船でどうぞ!」
とお母さまと奥さまから鯵の刺身と自家製の干物!
湯島半周してもらいながら、私は船上でこの極上の鯵をいただきました。

なんて贅沢なの!

お刺身はぷりっぷり、干物はふくらで、最高においしかったです。

そんな松尾ファミリーの厚きもてなしに湯島を出るときには(他局ですが)「世界ウルルン滞在記」のエンディングばりにジーンと来ておりました。

次はお母さんが営む「南風泊」で湯島の美味をゆっくり堪能したいと思います。

【おまけ①】
ハートの木 あこうさま

樹齢100年を超えるアコウ樹。
ハート形をしているので、ここでカップルが写真を撮ると幸せになるという伝説があるとかないとか。「恋人たちの聖地」として新しい観光スポットになっているようです。

 

 

【おまけ
大矢野に戻り、スパ・タラソ天草からすぐのところにある花海好展望台へ。夕陽の美しさにしばし時間を忘れました。

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館11

天草の香りが口から鼻に抜けていく…贅沢、夏のお取り寄せ

きた、きた、きた!

私のこの時期のお楽しみといえばコレです。

 赤ウニ。

上天草の海にぽつんと浮かぶ離島の一つ、湯島の
漁師・松尾さんから直接、
取り寄せています。

湯島の海の男、松尾秀和さん(左)と息子さん

湯島では5~6月がムラサキウニ、7~8月は赤ウニがとれ、
私は濃厚で甘味の強いこの赤ウニがお気に入りです。

水深5Mほどを素潜りしてとられたウニは
すぐさま殻から取り出し瓶詰めに。
ミョウバンなどの添加物が一切入っていないので、
ウニそのものの味を楽しむことができるんですよ。


 瓶の蓋をあけると黄金色に輝くウニ!
一瓶に標準的な大きさのイガイガ殻つきウニ約10個分がぎっしり!

毎晩ちびちびと酒のアテに、
といいたいところですが残念ながら下戸のため、
海苔ご飯の上に雲丹を乗せ、醤油をちょこっとたらしてパクリと。


むー
もうニヤニヤがとまらないおいしさです。

 濃厚な甘みが口いっぱいに
というより
香りがフンッと鼻へ(←わかります?この感覚)と広がります。

ウニは新鮮な状態で瞬間冷凍してあり、
「解凍後、2日以内が美味しくいただけますよ」と松尾さん。

生で楽しんだあとは、
広島出張のときに知った広島の新グルメ“ウニほーれん”を作っていただきました!

夏の贅沢なお取り寄せ。
松尾さん、来年も楽しみにしております!

 

問い合わせ 090-1165-1267(松尾さん)
1瓶2500円~送料別途(冷凍便)

 

[おまけ:ウニほーれんの作り方]
フライパンにバターを溶かし、みじんぎりのにんにくを炒め、香りがでたらほうれん草を加え軽く塩コショウ。ウニをどさっと入れて軽く炒め、醤油で香りをつけたらできあがり。
バゲットに乗せていただきます。クレソンの時期にはウニクレソンもおススメです。

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館10

夫婦の愛とセンスあふれる、ファームショップがオープン

くまもと5ツ星マルシェや元気フェスタでもおなじみ、
合志市のオオヤブデイリーファームさん。

ちびっこたちもたくさん牧場体験に訪れるファーム内に5月1日、
自慢のヨーグルトやソフトクリームがいただける直売所「MILK’ORO〜みるころ〜」
オープンしたと聞き、
早速、遊びに行ってきました!


菊池方面に向かう通りを一歩入っただけなのに、なんてのどかなの!
人なつっこいヤギや乳牛たちが出迎えてくれました。


おお、みんなカメラ目線!

かわいいっ!

オオヤブデイリーファームでは、自家産堆肥で牛たちのエサとなる
トウモロコシを栽培する循環型農業を実践。
また、フランスのBLEU BLANC COEUR 協会が取り組む、
亜麻種子由来の飼料を家畜に与える飼育技術を取り入れ、
最近アンチエイジング効果があると話題のオメガ3脂肪酸のたっぷり含む牛乳を生産しています。

その生乳100%を使って作るヨーグルトは、
独自の製法により、出来上がってからも発酵・熟成を繰り返し、
クリームチーズのような層が上部にできる二層式!

初めていただいたときには驚きました、ヨーグルトで二層ってなかなかありませんから。

先日は「平成30年度6次産業化優良事例」表彰式でなんと農林水産大臣省を受賞した、
熊本が誇る生産者さんなんですよ。

さて、ショップです。


清々しさをも感じさせる外観です。

店内もとってもステキ。
随所にご夫妻のこだわりが感じられます。


そしてこちらが自慢のソフトクリーム。
オープン記念でエディブルフラワー付き。
これは“映え”ますね。オシャレ。


私はせっかくなのでソフトクリームinヨーグルトを。


もう間違いのないおいしさです。
グラノーラがまたい~アクセントになっています。

こんなにおいしく、安心安全なヨーグルト、ソフトクリームが熊本にあるということ
ぜひ皆さまにも知っていただきたい!

一度ぜひ、ご家族でドライブがてらいかがでしょうか。


「実は私、このヨーグルトに感動してお嫁に来ました♡」という奥様。
ショッピングバッグもおしゃれで手土産にもおススメです。

オオヤブデイリーファーム
熊本県合志市須屋2541
TEL 096-242-7913
[営業時間]12時〜16時30分
[休]日曜、月曜、火曜、水曜

https://www.oyabudairyfarms.com/

 

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館09

GW芦北・水俣の何これ旅[後編]

水俣はいま、バラが見ごろ!
でもやっぱり私は、花より団子?

「あしきたDEマルシェ」の様子をSNS発信したところ、
すぐに水俣に帰省中の友人からメッセージが。

「芦北に来たのなら水俣までぜひ! 今、バラがきれいよ」

バラ!

ちょうど母の日のプレゼントを探していることもあり、
水俣まで足をのばすことにしました。

こちらがエコパーク水俣内にあるバラ園です。


なんてゴージャスで美しいのでしょう。
赤、ピンク、白、黄色、マーブル…800種4000株のバラが咲き誇っていました。


園いっぱいにバラの香りが広がり、その香りにも癒されました。
(あとで調べてみたところ、バラの香りはストレスを抑えるリラックス効果が期待できるのだとか)

エコパーク水俣バラ園では、5月下旬まで「水俣ローズフェスタ・春」を開催中。
園は年中無休・無料で入ることができますが、
フェスタ期間中は土日を中心にコンサートやバラを使ったしおり作り体験など、
家族で楽しめるイベントが色々と企画されているそうですよ。

 さて、母の日用に鉢植えのバラを購入したあとは、
隣接する「みなまた観光物産館まつぼっくり」へ。

入ったところにど、どん!

水俣名産、サラダ玉ねぎです。
水にさらさずそのままで甘くておいしいサラダ玉ねぎは私も大好物。
そのままスライスして鰹節とポン酢で食べたり、ピクルスにしたり。
スープや煮物でもおいしい甘味を発揮してくれますよね。


いまや世界にもファンが多い、「みなまた和紅茶四天王」の紅茶も並んでいます。


左からお茶の坂口園さん、桜野園さん、お茶のカジハラさん、天の製茶園さん。
ティーバッグの紅茶も販売されているので、手軽に飲み比べも楽しめますね。

そして今回、見つけた何コレがこれです!

岩永醤油さんの「えびinつゆ」


見てみて、ボトルの中になにやらプカプカと…
エビが浮いている!!!


芦北産の干しエビが入っただし醤油でした。

岩永醤油さんのHPを見てみると
「めんつゆには2~3倍。茶碗蒸しや炊き込みご飯など使い方はいろいろ」。

この夏、まずはソーメンで味わってみたいと思います。

 

 【おまけ】
まつぼっくりで購入したサラダ玉ねぎと水俣産レモン(この大きさを見て!)、
そして、あしきたDEマルシェで購入した田舎工房の甘夏ピールを使って簡単生ハムサラダ。


生ハムとスライス玉ねぎを並べて、
レモンをしぼってパセリを散らし、オリーブオイルをかけただけ。
ピールをくるんでいただきます。


オトナの味でおいしい!
これはワインに合いそうです(って下戸なのが残念)。


道の駅みなまた みなまた観光物産館まつぼっくり
熊本県水俣市汐見町1-231-12(エコパーク水俣内)
TEL 0966-62-2003
[営業時間]9:00~17:00
[休]日曜、12/31

http://minamata-kouen.com/

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館08

GW芦北・水俣の何コレ旅[前編]

芦北の海を眺めながらのマルシェは開放的で最高!

今年のゴールデンウィーク。
私は残念ながら10連休ではありませんでしたが、
時間を見つけては県内、北へ南へと、気持ちの赴くまま車を走らせて参りました。

マイGW初日の4月28日は芦北へ。
知人のfacebook投稿で知った「あしきたDEマルシェ」をのぞいてみることに。
その日は朝から快晴で、きらきらと輝く芦北の海が見たくなったのです。

目指すは、あしきた青少年の家!
連休中なのに高速もすいすい、渋滞もなく会場に到着しました。


うわっ、ステキ~!

会場は芦北の海をのぞむ小高い丘の上にありました。
眺めも良く、開放感たっぷり。


「あしきたDEマルシェ」は今年で10回目を迎えるそうで、
この日も地元やその周辺の方々で大賑わい。
家族連れが多くアットホームな雰囲気です。


ハンドメイドのアクセサリーや雑貨、鉢植えなどを販売するショップが並んでいます。

お、なにやら人だかりが…


元気フェスタでもおなじみ、田舎工房さんではないですか!
柑橘栽培を生業とするかたわら、
おばあちゃん直伝の素朴なおやつを商品化されています。


田舎工房の濱崎さん(逆光でした、すいません)。


田舎工房の商品はすべて保存料、着色料無添加!
北海道の甜菜グラニュー糖と、農薬不使用の甘夏ミカンの果汁で煮込んだ
贅沢ピールは特におススメです。

その甘夏ピール、大好きな不知火のドライフルーツをゲットし、
さて腹ごしらえです。

芦北えび玉焼き、ハンバーガー、ニラめんこおいしいものがいろいろと並ぶなか、

「たねー’s」さんに決定!

水俣市「みなまるキッチン」を拠点に活動する、地元食材と有機にこだわった多国籍料理屋さんなのだそうです。
インド風バターチキンカレープレートとトムヤムクン風汁無し油麺を。


おいしいー!!!
本格的です。
これはお店にも一度行ってみなくては!

芦北の海を眺めながら外でいただくご飯はまた格別でした。


あしきたDEマルシェ、また来年もでかけたいと思います。


後編へつづく。

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館07

渋谷で見つけた進化形タイピーエン

「渋谷に熊本ば。」

ば。。。。

今回は、くまもと5ツ星探検隊1号が東京で見つけた5ツ星をお届けします。
渋谷駅から道玄坂をうんしょ、うんしょ、とのぼった右手にある熊本居酒屋「新市街」。
熊本出身オーナーが営む熊本愛あふれるお店です。

馬刺しの漬け、天草大王やあか牛の溶岩焼きなど熊本直送の食材を使ったメニューやちくわサラダ天、焼き豚足などの熊本B級グルメ、球磨焼酎など熊本のお酒も豊富にそろい、熊本出身者だけでなく渋谷のサラリーマン、OLさんにも人気の居酒屋さんなんですよ。

今回は、ランチメニューの進化系タイピーエンがおいしいと聞き、東京出張の折、お邪魔してきました。

入口の扉には「あとぜき」の文字(写真撮り忘れ)。


抜け目ない。。。。

で、来ましたよ、こちらが進化系熊本郷土料理、
その名も「スパイシータイピーエン」です。


パクチーもりもりで見た目はアジアン。

スープを一口。。。

ん? 甘い!

油の甘み?

二口目。

甘味から今度はスパイスの辛味が口いっぱいに広がります。

 

角切りチャーシューたっぷり野菜をかきわけ、たどりついた麺は
春雨よりちょっと太めでツルッモチッ。
スパイシーなスープに負けないよう作られたオリジナル麺だそうです。

食べ進めていくと今度はスープの酸味が際立ち、これまたアジアンなテイストに。

先日、東京の友人らが熊本の夜の街を見て
「街の色がアジアだ」
といっていたけれど、

たしかに。

こういうアジアンな麺は熊本っぽいかも?

何度も味が変化する進化系タイピーエン、熊本出身東京在住の皆さんもぜひお試しください。

 

 

渋谷道玄坂 熊本居酒屋 新市街
東京都渋谷区道玄坂1-18-2 ノナカビル1F
050-5596-8011
https://r.gnavi.co.jp/1ct12t8m0000/

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館06

横島町で見つけたのは、白い隠し味!?

2019年、初めての投稿は
玉名市横島町にある「ふるさとセンターYBOX」です。

横島町といえばイチゴ!ですよねー。
いました、いました、きらきら輝く美しいイチゴたちが。

イチゴだけでなく、お店の外には
有明海の潮風と太陽をいっぱい浴びてすくすく育ったみかんも
ネット入りで売られています。

イチゴもみかんも買って帰りましたが、どちらも本当に甘い!
横島フルーツは間違いのないおいしさです。

こちらは有明海の名産のひとつ、アミ。

珍味の漬けアミはお酒のあてやご飯のおともに最高です。

干しアミはブロッコリーと一緒に炒めたり、
ペペロンチーニや焼きそば、チヂミに加えたり。
チーズとも相性バツグンなのでアミチーズトーストもおすすめですよ。

さてさて、今回見つけたなにコレはこれ!!
調味料の棚でひときわ目立っていたシンプルおしゃれな白い瓶。

ほたて汁

気になります。

ほたてのうまみをギュッと凝縮と書いてあります。
ほたてというと北海道のイメージがありますがなぜここに?
瓶の裏側をみてみると、玉名市にある南九州理研という会社がつくっている商品でした。

ますます気になります

小さいパッケージ入りを見つけたので、こちらを購入。

出汁をとらずに野菜とお味噌だけで作ったお味噌汁に、
この「無添ほたてだし」をほんの少し加えてみました。


なにー!

濃いー!

2人分のお味噌汁に小さじ2分の1くらいのこのだしを加えただけなのに
うまみがすごい!
くせのない磯の香りも気に入りました。
これはリピート決定です。
次はお鍋か炊き込みご飯のかくし味に使ってみたいと思います。
YBOXでは5月くらいまでいちご狩りも楽しめるそうですよ(要予約)。

大河ドラマで沸く和水町もすぐ近く。
ドライブがてら、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ふるさとセンターYBOX
玉名市横島町横島1716
TEL : 0968-84-3700
営業 午前9時~午後6時
https://www.city.tamana.lg.jp/q/aview/420/3737.html

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館05

天高く、ノグチ肥ゆる秋。菓子祭りで菓子ざんまい

物産館、ではございませんが
熊本の物産も集まる
「熊本城下町・菓子祭り」へ行って参りました。

熊本県護国神社の境内で開催されるこのお祭りも今年で4回目。

“お菓子と文化と芸術の祭典”と銘打っている通り、
郷土のおいしい菓子などがズラリと並ぶほか、
野点茶会、お菓子づくり体験、
清和文楽公演、地元の小・中学校の吹奏楽部演奏などなど、
文化と芸術の秋をまる一日堪能することができる
とっても楽しいお祭りなんですよ。

今年もたくさんの人でにぎわっていました。

ステージでは武道家・桑原三四郎師範による
杖道(じょうどう)・鎖鎌術の特別演武が。

かっこいい!
キリッと気が引き締まります。

こちらは菓子職人の方による練り切りの実演。

最初にできあがったのは「肥後山茶花」。
美しいですね。

と目で楽しむのもよいですが、やっぱり…!
今日のお目当ては、このお祭りでしか食べられない
香梅の人気商品、焼きたて「武者がえし」です。


パイ生地がさっくさくで、
その食感とバターの風味がたまりません。
それから去年はすぐに売り切れてしまい
食べ損ねた「まる菓いも」。

小ぶりの洋風いきなり団子とでもいいましょうか。
大粒の大納言が入ったなめらかなスイートポテト餡を
つるんとしたモチモチ生地でくるんだもので、

蒸し立てです。
こんなおいしモノが菓子祭りでしか食べられないなんて~!
ぜひ香梅さんの定番商品にしてほしいものです。
新しい熊本土産としてもよろこばれそう。

さて、いきなり団子といえば今回のなにコレがこれ!
城彩苑にもある「いきなりやわたなべ」のブースの中で一際目立っていた
ハロウィン色のいきなり団子です。

皮に黒砂糖を練り込んだ茶色いいきなり団子や
紫芋を練り込んだ紫色のいきなり団子はたまに見かけることがありますが、
この色のいきなり団子は初めて!

これ、なんですか?
と看板娘のわたなべさんに聞いてみると、
パンプキン生地にパンプキン餡チーズが入ったお団子

なのだそうです。

ほか、お隣りから紫芋生地安納芋こし餡、わたなべ定番黒粒餡、
奥左は黒糖生地くるみ餡と栗のせ粒餡。

凝ってる~~!!
いきなり団子って今、こんなバラエティに富んでいるのですね。

気になるパンプキン生地の中はこんな感じ↓

クリームチーズ、合いますね。
とっても品のよいお味です。

おいしい!

またまた花より団子な秋の一日。
ダイエットとは程遠い生活が続きそうです。


お菓子の香梅
https://www.kobai.jp/

いきなりやわたなべ
http://ikinariya-watanabe.com/

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館04

大王にギョギョッ!にイケメンところてん!?

夏のこと。
鶏の中で国内最大級といわれる熊本の幻の地鶏・天草大王を一度、
見てみたくて「姫コッコ倶楽部」を訪ねました。

上天草市姫戸町、目の前に八代海が広がる自然豊かな山のふもと。
いましたよ、いましたよ、大王が!

デ、デカイ

写真の大王くんでも十分、大きいと思ったのですが
雄鶏で背丈90cm、重さ5kgのものもいるというから驚き!!

また、姫コッコ倶楽部では、天草ならでは、
餌に海藻、いりこ、ちりめんなど地元の食材を加えているそうで、
みんな健康なのでしょう。

羽がつやっつや!

広々としたケージの中を元気に走り回っていましたよ。

その帰り道。

天草に行くと必ず立ち寄る「道の駅 上天草さんぱーる」へ。
ここはなんといっても魚介類が豊富、新鮮で安い!


魚介類だけではありません。

かんきつ類もおいしいし、
冬場はなんといっても湯島大根!最高です。
そして私がここで必ず購入するのが

山下竹輪屋さんの練り物類。


この日は四代目が自ら店頭に立って、
魚ロッケ(ぎょろっけ)を販売しておられました。

新鮮なすり身にパン粉をつけて揚げたものでぷりっぷり。
110円という価格もうれしい!

今回はお皿に盛りつけてみましたが、
いつもは買ってすぐに車の中でw
お行儀悪くいただくのもおいしさの一つだったりするんですよね。

それから今回、見つけた何コレがコレ。

林商店「伝説のところてん」です。

ラベルのデザインがとにかく気になりまして。
イラストの下には「三代目 マサ監修」とあります。
マサさん、きっとこのイラストのようなイケメンなのでしょう。
一度、お目にかかってみたいものです。

黒ゴマをふっていただきました。
てんぐさを手摘みし、手間ひまかけた伝説の味。
程よい歯ごたえとツルッとした食感が絶妙です。

また、上天草といえば忘れてはならないのが

たこステーキ。

なんといっても見た目のインパクトがすごい!
味付けもしっかりしているので、ご飯のおかずにもお酒のつまみにも◎。

見た目のインパクトといえば、
姫コッコ倶楽部の大手羽串もここで購入できますよ。
秋のバーベキューのサプライズ食材としていかがでしょうか。

【おまけ】

日本で3番目に大きい姫戸・永目神社のアコウの木(県指定文化財・天然記念物)
樹齢300年以上
最近、パワースポットとしても注目されています。

道の駅「上天草さんぱーる」
http://www.sunpearl.jp/
熊本県上天草市大矢野町中11582-24
0964-58-5600

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

熊本なにコレ物産館03

ほのぼのほっこり軽トラ朝市

菊池市の中心街にある商店街一帯が歩行者天国となり、
近隣の市町から集まってきた軽トラが、
ズラッと並んで新鮮な野菜やお惣菜などを販売する「湯ったり菊池の軽トラ朝市」。

毎月第4日曜に開催され、
毎回約3000人以上の人でにぎわうイベントですが
7月の開催をもって終了、ときき遊びに行って参りました!

 

到着したのは朝8時ごろ。
すでにお子さんを連れたファミリー、常連さんらしきお母さんたちがお買い物中です。


 

ちりめんじゃこ、手作りの海苔巻、カステラ、お団子、
おいしそうなものがたくさん並んでいます。

 

ん? なにやら香ばしいかおり…




軽トラの上で米せんべいの実演販売。
やさしい塩味と甘味のおせんべいは小さなお子さんのおやつにもよさそうです。

 

さて、朝ご飯はどこの何にしようかな?

 テクテクあるいていると、
「トトロ亭」さんではないですか!
熊本地震前まで子飼商店街にあった、
素敵なご夫婦が営むドイツパンのお店です(現在は熊本市中央区黒髪で営業中)。

朝ご飯はここのホットドッグでキマリ!

さすがトトロ亭のパン、風味の良さが違います。
相変わらずダンディーなオーナーとの会話にほのぼの。

 

ホットドッグのお供は「どんたけし農園」のマダムが
丁寧にいれてくれたアイスコーヒー。
100円でこのお味は最高です。

 

それから、お、いたいた! 

友人を見つけました。
菊池の山奥、自然の中を自由に走り回る、その名も“走る豚”や、
無農薬で野菜やお米を育てる「やまあい村」の武藤くん。
この軽トラ朝市の出店は皆勤賞なのだとか!


 

売られているのは、武藤くんの愛情たっぷり、新鮮で健康な野菜たち。
ほとんどの商品が1袋100円!!
じゃがいも、トマト、大葉に袋いっぱいの干し椎茸まで購入したのに
1000円からおつりがくるなんて、びっくり。

「ミトさん、この朝市に来たらこれを食べないと!」

と武藤くんに教えてもらったのが
「旭志ふれあいセンター」のメンチカツです。

揚げたてで衣がサクサク、お肉はジューシー。
お行儀悪いけれど、青空の下、歩きながら揚げ物をいただくのって、
たまらなくおいしいんですよねー。

さてさて甘いものは別腹。
〆はやっぱりこれでしょう、
「寿会館」名物、手作りアイスキャンディーです。

アズキ味とミルク味。

↑これ、棒がズレているのではありませんよ。
斜めにささっているのがここのアイスキャンディーの特徴なんです。
手作り感あふれる昔ながらの素朴な味がたまりません。

いやー早起きしてよかった。
こんなほのぼの楽しいイベントがこれでラストだなんて本当に残念!
と思っていたら、

「また違うカタチで開催予定です」

と出店者の方々。

再開がいまから楽しみです。

 

 

【おまけ1】
商店街の中にある足湯。
ほっこりスポットです。

【おまけ2】
その日の昼ごはん。
朝市でゲットした野菜をふんだんに使って
ぶっかけソーメンを作りました。
大葉のお味は力強く、トマトの甘みが濃い!

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

ブログ一覧へ

ブログカテゴリ

5ツ星探索人