熊本なにコレ物産館13

アクが少なく調理しやすい、ニョロニョロ茄子!?

健軍のマリスト学園のすぐ近く、
作り手の顔が見えるこだわり農産物が人気の「Nakata」さん。


私はココロとカラダが元気になる同店のスムージーの大ファンで、

今日は赤で!
今日は緑!

とその日の気分でオーダーするのが楽しみの一つとなっています。


さて、店内にはスタッフが“朝からとってきました”という野菜や、
契約農家さんから届く新鮮な野菜・果物が並んでいます。


その中に、

え⁉ なにコレ!
ムーミン谷のニョロニョロ…

ユニークなカタチの茄子を見つけました。


1袋100円(税別)と値段も安いので、規格外かなにか?
と思ったら!

「ひもなす」という品種だそうです。

「アクが少なくてとってもおいしいですよ」
という店主のススメで買ってみることに。

自宅にあったヒゴムラサキと並べてみました。


おぉ、本当にひものようなカタチをしています。

アクが少ない、ということだったので、水にはさらさず、そのままざくざくと切り、
同じく井農園さんの甘みの強いピーマン、牛バラと一緒に甘辛く炊いていただきました。

うんまい!
茄子にはしっかりと味がしみ込み、食感も最高!
調理もしやすいし、おかずにもお弁当にも良い一品となりました。

ひもなす、皆さまも店頭で見かけたらぜひ、買ってみられてください。

こだわり農産品直売の店『Nakata』
住所:熊本市東区健軍2-13-12
電話:096-273-8333
営業:10時~19時(祝日は17時まで)
店休日:日曜

 

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

<特集>10

熊本の5ツ星食材を使った、熊本のASAMESHI!

SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチクマモト)の開業で“鬼アツい”熊本市桜町エリアですが、そのすぐ近くにこの夏、ユニークな施設が誕生しました。

その名も『The Company(ザ・カンパニー)熊本』

 福岡発のプロジェクト創生型コワーキング&ワークスペースで、熊本は国内で4号店目。国内のみならずフィリピン、タイ、シンガポール、ハワイと海外にも展開しています。

 シェアオフィスとして活用できるほか、独自のSNSを提供し、プロジェクトごとに会員が繋がってチームを作ることができる仕組みを構築。

“今回、こういうプロジェクト、こういう仕事がありますよ”という投げかけに対し、手を挙げた会員がつながり、ともにプロジェクトを創り出す、ビジネスにつなげる、というコワーキング(共有ワーク)スペースであり、すでにいろいろなコラボレーションが生まれているようですよ。

着席で80名まで入れるフリースペースでは会員でなくても参加できる各種セミナーやイベントも開催されています。https://thecompany.jp/

 

さて、くまもと5ツ星探索隊1号が今回、見つけたくまもと5ツ星が、
9月13日、このザ・カンパニー1階にグランドオープンした『○△□STUDIO』

 ここがさらにユニーク!

 カウンター7席のこじんまりとしたスペースで、朝は“熊本のASAMESHI”が食べられる食堂、昼間は、調理をする手元を真上から撮影することができるカメラがついたキッチン撮影スタジオ、

そして夜は、なんとスナックに…。

 いずれも生産者さんと消費者、熊本人・ものと熊本人、熊本人・ものと県外や海外からのインバウンド客を“つなぐ”ことを目的としているのだそうです。


オーナーの橋田義尊さん

驚いたのは採算度外視の“熊本のASAMESHI”


10月末日までは創業100年の老舗・橋本醤油とのコラボにより実現したメニューで、元祖玉子かけご飯専用醤油を使った“熊本たまごごはん”がメイン。

そして、オープニングのこの日のメニューは、

・うさぎ農園の野菜の塩麴ぬか漬け
・世界一の塩屋一番海苔
・ストレスフリーな平飼い鶏から生まれた緒方エッグファームのオメガ3卵(1個100円!)
・阿蘇の伏流水で育ったLaToの有機米
・橋本醤油の元祖玉子かけご飯醤油
・同じく橋本醤油の熊本市産大豆味噌で仕立てた味噌汁には、いまが旬、上品な甘みのバターナッツほかたっぷりの熊本野菜

 と、ここまでが基本セットでなんと、なんと500円

「生産者さんの顔が見える場所にしたくて。利益より、人と人との繋がりをつくる朝食にしたい」と橋田さん。

聞くところによると、原価450円だというから驚きです。

そして、探索隊1号は贅沢にも

・天草産鯛を塩麹につけて焼いたもの
・熊本野菜のサラダ・蒸し野菜

をつけてみました。それでもトータル1000円!

 こーれーはーお値打ちです!


調理は上級麹師の谷岡真紗美さんが担当。
見るからに、丁寧においしいものを作ってくれそう、という感じがしませんか?

 今後は様々な県内企業とコラボしながらメニューを開発していく予定だとか。皆さまにもぜひ、この心と体にやさしい朝食を味わっていただきたいと思います。

 造形作家gajuさん、イラストレーターの内野勢津子さんという熊本を代表するアーティストの2人が手掛けた空間デザインも一見の価値あり、ですよ。

○△□studio
https://www.studio-kyushu.com/

 熊本市中央区サクラマチ1-25 The Company熊本1F
tel.096(327)9447
熊本のASAMESHI/水~金:7:00~10:00、土・日:8:00~11:00
キッチン撮影スタジオ/10:00~17:00(詳しくは問い合わせを)
スナックOFF/水~土 20:00~24:00


この看板が目印です!

この記事を書いたひと

5ツ星探索隊

くまもと5ツ星プロジェクトが企画するイベントのこと、KAB番組でご紹介した気になるお店や、料理人、食材など、熊本のおいしい星について特別にお知らせしたいことを発信します。

熊本なにコレ物産館11

天草の香りが口から鼻に抜けていく…贅沢、夏のお取り寄せ

きた、きた、きた!

私のこの時期のお楽しみといえばコレです。

 赤ウニ。

上天草の海にぽつんと浮かぶ離島の一つ、湯島の
漁師・松尾さんから直接、
取り寄せています。

湯島の海の男、松尾秀和さん(左)と息子さん

湯島では5~6月がムラサキウニ、7~8月は赤ウニがとれ、
私は濃厚で甘味の強いこの赤ウニがお気に入りです。

水深5Mほどを素潜りしてとられたウニは
すぐさま殻から取り出し瓶詰めに。
ミョウバンなどの添加物が一切入っていないので、
ウニそのものの味を楽しむことができるんですよ。


 瓶の蓋をあけると黄金色に輝くウニ!
一瓶に標準的な大きさのイガイガ殻つきウニ約10個分がぎっしり!

毎晩ちびちびと酒のアテに、
といいたいところですが残念ながら下戸のため、
海苔ご飯の上に雲丹を乗せ、醤油をちょこっとたらしてパクリと。


むー
もうニヤニヤがとまらないおいしさです。

 濃厚な甘みが口いっぱいに
というより
香りがフンッと鼻へ(←わかります?この感覚)と広がります。

ウニは新鮮な状態で瞬間冷凍してあり、
「解凍後、2日以内が美味しくいただけますよ」と松尾さん。

生で楽しんだあとは、
広島出張のときに知った広島の新グルメ“ウニほーれん”を作っていただきました!

夏の贅沢なお取り寄せ。
松尾さん、来年も楽しみにしております!

 

問い合わせ 090-1165-1267(松尾さん)
1瓶2500円~送料別途(冷凍便)

 

[おまけ:ウニほーれんの作り方]
フライパンにバターを溶かし、みじんぎりのにんにくを炒め、香りがでたらほうれん草を加え軽く塩コショウ。ウニをどさっと入れて軽く炒め、醤油で香りをつけたらできあがり。
バゲットに乗せていただきます。クレソンの時期にはウニクレソンもおススメです。

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

社員が語ります! オレ星08

ジビエって、なんか熱い!「山ねこ軒」

TMエボリューション、解散の危機?!

おいしいお店を知りたいTとMの指令によって
おいしいお店を探っていた探索隊1号、2号のエボリューションの2人組。
勝手に名付けて、TMエボリューションのグループが
なんと、解散の危機をむかえております。
解散を惜しむ声は、ほとんど聞こえてはきませんが、危機です!

「おいしいもの、探しておくれ」と、
指令を出していたMが、転勤!
近いうちに、集結の約束を交わしたものの、そう頻繁には
集会が開けない状況におちいってしまいました。

いえいえ。
ここで落ち込んでばかりはいられません。
Mが帰ってきた時には、「ほら、探していたよ」と
すぐにでも集会を開けるように、調査は続きます。

…というわけで、今回は探索隊2号が単独行動で
おいしいもの、探してきました。

まぁ、熊本っておいしいもののポテンシャル高いです。

最近よくいっしょに食事に行く関東出身の熊本転勤族のご夫婦。
「次に転勤の辞令が出たら、旦那を単身赴任させる」
と奥さんがいうくらい、熊本のことがとっても気に入っているご様子。

とにかく、おいしいものが大好きなこのご夫婦によると、

「熊本は、どの店に入っても、期待以上のものが食べられる」

って。いやぁ、うれしいですね。

さてさて。
今回探索隊2号がおじゃましたのは、
熊本県庁のすぐ近くにある話題のお店「山ねこ軒」。

熊本の狩猟肉(ジビエ)と、
ポルトガルのワインがおいしくいただけるお店。


このビルの3階にあります。

前述のご夫婦に
「アナグマが入ったらしいから行こうよ」
と誘われて、ほいほい乗っかりました。


前菜。ズッキーニにオリーブオイル、チーズに塩胡椒。
シンプルだけど、むっちゃおいしい。


薪焼きのジビエ!
えっと、どっちかが猪で、どっちかが鹿です。
かたまりだと、わからないですね。


はぁ、ほんとうに美しい。
美味しいと、よく字をあてたものです。
おいしいものは、見ただけでも美しい。それを実感できる瞬間です。
猪さんは、きれいなピンク色。


鹿さんも、これまた美しい。

どちらも、薪焼きでとても香ばしい味わい。
なんというか、その香りまでがごちそう。
シンプルに塩だけでいただきます。


野菜も、お肉も、薪で焼かれています。
ああ、この煙のなかに顔をうずめて、くんくんしたい。。。


さてさて、この日のメインイベント!
アナグマ様の登場です。

ジビエのなかでは、最高にうまい、という評判のアナグマ様。
アナグマ様だけ、様あつかい。

いったい何を食べて生活したら、こんなに脂がのるのでしょうか。
とにかく、肉のうえに厚みのある脂がインパクト大。
口にしてみると、、、

うまい!!

うまい、うまい!!!

脂は、ススッととろけて、肉の旨味がギューッと。
苦手な人もいるかもしれませんが、
探索隊2号、このアナグマ様にやられました。。。
また、お会いしたい。
次、いつ会えるかな。。。


この日は、前述の熊本転勤族のご夫婦と、
ワイン好きな面々が集まり、これだけのポルトガルワインをいただきました!
あらためて見ると、すごい本数。

山ねこ軒、ご主人の村上さん。
ごちそうさまでした!

また、TMエボリューションの4人組みで
おじゃまします!


締めの一品。大満足!

山ねこ軒
熊本市中央区神水1-3-13 中尾ビル3F
tel.090-8623-2333
お昼(11:30〜13:30OS)は、ポークジンジャー定食が!
これまた人気みたいです。
夜(18:00〜21:00OS)は、狩猟肉と季節の料理
休み:日曜と月曜の昼
※昼も夜も予約したほうが良さそうです。

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/

熊本なにコレ物産館10

夫婦の愛とセンスあふれる、ファームショップがオープン

くまもと5ツ星マルシェや元気フェスタでもおなじみ、
合志市のオオヤブデイリーファームさん。

ちびっこたちもたくさん牧場体験に訪れるファーム内に5月1日、
自慢のヨーグルトやソフトクリームがいただける直売所「MILK’ORO〜みるころ〜」
オープンしたと聞き、
早速、遊びに行ってきました!


菊池方面に向かう通りを一歩入っただけなのに、なんてのどかなの!
人なつっこいヤギや乳牛たちが出迎えてくれました。


おお、みんなカメラ目線!

かわいいっ!

オオヤブデイリーファームでは、自家産堆肥で牛たちのエサとなる
トウモロコシを栽培する循環型農業を実践。
また、フランスのBLEU BLANC COEUR 協会が取り組む、
亜麻種子由来の飼料を家畜に与える飼育技術を取り入れ、
最近アンチエイジング効果があると話題のオメガ3脂肪酸のたっぷり含む牛乳を生産しています。

その生乳100%を使って作るヨーグルトは、
独自の製法により、出来上がってからも発酵・熟成を繰り返し、
クリームチーズのような層が上部にできる二層式!

初めていただいたときには驚きました、ヨーグルトで二層ってなかなかありませんから。

先日は「平成30年度6次産業化優良事例」表彰式でなんと農林水産大臣省を受賞した、
熊本が誇る生産者さんなんですよ。

さて、ショップです。


清々しさをも感じさせる外観です。

店内もとってもステキ。
随所にご夫妻のこだわりが感じられます。


そしてこちらが自慢のソフトクリーム。
オープン記念でエディブルフラワー付き。
これは“映え”ますね。オシャレ。


私はせっかくなのでソフトクリームinヨーグルトを。


もう間違いのないおいしさです。
グラノーラがまたい~アクセントになっています。

こんなにおいしく、安心安全なヨーグルト、ソフトクリームが熊本にあるということ
ぜひ皆さまにも知っていただきたい!

一度ぜひ、ご家族でドライブがてらいかがでしょうか。


「実は私、このヨーグルトに感動してお嫁に来ました♡」という奥様。
ショッピングバッグもおしゃれで手土産にもおススメです。

オオヤブデイリーファーム
熊本県合志市須屋2541
TEL 096-242-7913
[営業時間]12時〜16時30分
[休]日曜、月曜、火曜、水曜

https://www.oyabudairyfarms.com/

 

この記事を書いたひと

ノグチミト

元「リビング熊本」編集長
現在はコミュニケーション・プランナーとして、企業の商品やサービスに関するアドバイザリー業務に従事している。
首都圏有名レストランのシェフ、料理研究家、飲食コンサルタントなど“食”のプロフェッショナルとの幅広いネットワークを持ち、地域産品の商品開発から販売促進までのトータルサポート業務およびブランディング業務も行っている。
ほか大学の講師(地域メディア論)など。

社員が語ります! オレ星05

新米メンバーが海外出張「驚き! 香港でくまもと発見!?」

最近、南小国町にある赤馬場特産の「赤唐辛子」をGETし、
どんな料理にも唐辛子を刻む、真冬なのに常にHOTな新米メンバー「ルーキー」です。

さて、そんな私「ルーキー」ですが、
先日、海外出張を命じられ「香港」へ行ってきました!

「いや~香港は超都会だな~」

高層ビル群の迫力と、人の多さと、街には超高級車だらけで、驚きの連発!
でも、ちょっと路地を入ると、下町の雰囲気もあり「ほっ」と一安心。

今回、くまパワ+の取材で香港に行ったのですが、
事前にリサーチして、あるお店に取材で立ち寄りました!

それが

『割烹 櫓杏』

このお店、名前の通り「和食」のお店なんですが・・・

実は『割烹 櫓杏』は、熊本の食材、熊本の郷土料理を提供する
「熊本を堪能できるレストラン」として
2017年春にオープンしたお店なんです!
お客さんは香港人が6割、
あとは駐在している日本人も和食を求めて来店するそうです。

熊本のレストランとあって、店内には熊本の工芸品がたくさん!
熊本のお酒もこんなにありました!

食材も毎日、熊本から福岡経由の空輸で取り寄せ!
今が旬、八代の「鏡オイスター」もありましたよ!

この『割烹 櫓杏』で総料理長を務めるのが、
上天草市出身の園田総料理長。

「『櫓杏』で熊本の料理を食べて、熊本に行くキッカケになってほしい」と、
腕を振るっています。

中でも、だご汁や高菜おにぎりは、園田総料理長が幼い頃から食べていた
お母さんの味を再現!あっさりとした、醤油ベースのだご汁は〆に大人気!

そして、最上級の県産黒毛和牛と15種以上の野菜を蒸した
「せいろ蒸し」は、食通の香港人を唸らせています!

他にも、「ASOモーツアルト野菜の究極水サラダ」や、
「究極の牛カツ」など、どれも最高でした!

って「食べるのに夢中で写真撮り忘れた~!!!

5ツ星メンバーの皆さん私を叱ってくださいw。

園田総料理長!
熊本の食をもっと世界に広げるため、
香港での活躍を期待しています!

パクチー王子あらため、赤唐辛子の王様をめざすのだ「ルーキー」でした!

この記事を書いたひと

KABの愉快な仲間たち

くまもと5ツ星プロジェクトを企画・運営しているKABの社員をはじめ、おいしい話に目がないKABの社員、スタッフ、アナウンサーがもちまわりでコラムを担当します。番組でご紹介したお店や、行きつけの定食屋さん、熊本の大好きな生産物、スナックの絶品おつまみ、ロケ弁のおすすめなどなど、いろんなテーマで熊本のおいしい星をご紹介します。

http://www.kab.co.jp/
ブログ一覧へ

ブログカテゴリ

5ツ星探索人