野菜王国くまもとすむーじぃ19

年末年始のごちそう胃疲れを癒してくれる!

カラダの調子を整えてくれる「yasai」。
旬の野菜は、体の調整役をしてくれる栄養素をたっぷり含んでいます。

ごちそう続きのこの季節、気がついたら野菜不足だったり、胃がつかれていたり…そんなときには負担がかからない消化吸収のよいものをとって胃を休ませることも必要です。消化を促進させてくれる成分を含む旬の大根をつかったレシピをご紹介します。

大根に含まれる消化酵素ジアスターゼがデンプンの消化をたすけ、胃もたれや胸やけを緩和してくれます。りんごのペクチンが便通を整えるチカラを発揮する…お助けスムージーです。

 

<大根とりんごのスムージー>
材料 出来上がり約200ml
大根    50g
りんご   1/2 個
はちみつ  大さじ1
水     1/4カップ

 作り方
1)大根は皮をむいて一口大に切る。
2)りんごは、ヘタと種を取り除き、一口大に切る。
3) 大根 りんご、はちみつと水をいれ、なめらかになるまで攪拌する。

 

【大根のこと】
大根の特徴のひとつは、消化酵素を含むこと。なかでも代表的なジアスターゼはデンプンを分解する酵素で、炭水化物の消化を助け、食べ過ぎによる胃もたれや胸やけを予防します。ジアスターゼや、豊富なビタミンCは熱に弱いのでできるだけ生でとるのがおススメです。

 【りんごのこと】
りんごは腸をキレイにしてくれる美腸食材。水溶性食物繊維ペクチンが腸の動きを整えて便秘と下痢の両方を改善してくれます。



小さな島で育つ大きな大根…

島原半島と天草上島の間 有明海に浮かぶ 全周約6.5kmほど、標高100mのおわんを伏せたような台形の島 『湯島』。史上最大のキリシタン一揆「天草・島原の乱」の作戦が練られたと言う由来もあるこの島、『談合島』とも言われています。この島の周辺は、養分をたくさん含んだ海水が早崎瀬戸から有明海に流れ込みそのプランクトンを食べて育った小エビや小魚を狙う鯛が群れて、鯛の1本釣りで…漁業中心、特産品も湯島鯛やわかめ、あわび等魚介類が中心ですが、この台形の島の山頂部分の平地は、寒風強い気候と栄養分を多く含んだ柔らかい独特の土壌で、幻の大根とよばれる『湯島大根』という、とても太くて糖度が高く、柔らかい大根が育っています。

生産者さんも少なく、「幻の…」といわれるほど、なかなか出会えませんが、「道の駅上天草さんぱーる」や熊本市内のスーパーで見かけられたら是非召し上がってみてください。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ08

春を先取り! やさしい甘みのレタスを飲むサラダに!

サラダの主役として人気の野菜、レタス。
冷涼な気候で育つ野菜のイメージですが
温暖な気候の天草下島、西端に位置する苓北町は
半世紀以上も前からレタス栽培が脈々と続けられてきた
レタス産地なのです。

夏の間に播種、秋に定植された「れいほくレタス」は
晩秋から桜の咲くころまで品種をリレーしながら
最盛期には一面美しい黄緑色に染まるほど栽培面積も広く
町の主要生産物として栽培が盛んです。

今では100%陸送でより早くより遠くまで出荷されていますが
半世紀以上前は、対岸の長崎に向けて船での出荷
佐世保の米軍基地の食を支えたとの歴史も持っています。

ゆるやかに軽く巻いた玉レタスは、
95%が水分ですがカリウムやカルシウムも含まれ
ダイエットに最適な低カロリー野菜でもあります。

にんじん、りんご、バナナとの組み合わせをご紹介します。

★レタス+にんじん+りんご+バナナのスムージー★

<材料>(できあがり約250ml)
レタス…1(1口大にちぎる)
にんじん…1/3本(皮をむいちょう切りにする)
バナナ…1/2(皮をむいて一口大に切る)
りんご…1/4(芯を除き、皮つきのままいちょう切り)
水…1/4カップ

<作り方>
1)ミキサーにレタス、にんじん、りんご、バナナの順に入れ、水を加えてなめらかになるまで回す。

<レシピのポイント>
カリウムやカルシウムを含み爽やかな味わいのレタスに、整腸作用あるペクチンを含むりんご、カロテン、ビタミん豊富なにんじんをプラス。栄養価高いバナナの糖質がエネルギー源になるので朝の栄養補給におススメの1杯です。


<レタスのこと>
原産地と種類・栄養は?:
原産地は地中海沿岸から西アジア。中国を伝わり平安時代には「ちしゃ」と呼ばれ、下葉を掻きとってたべる「立ち性」のものだったようです。主流の玉レタスは明治時代になってから定着したもの。水分の多い玉レタスに比べ、サラダ菜やリーフレタス、サニーレタスなどの葉レタスは、ビタミンC やカロテンやビタミンEも豊富で緑黄色野菜に分類されます。ヘタの切り口から出てくる白い乳状の液体はストレス緩和や睡眠を誘う成分に注目が集まり研究が行われています。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ07

白いブーケのような冬野菜カリフラワーで風邪対策や胃腸の健康に!

花のつぼみ、花蕾(からい)を食べるカリフラワーは、
ほのかな甘みがあり新鮮なものはサラダや彩りある付け合わせに
生でも食べられます。熊本県内では、
八代地域を中心に全国トップレベルの生産量を誇り、これからが旬!
華やかなシーズンに、
白いブーケのようなカリフラワーとデコポンのスムージーをご紹介します。

★カリフラワー+デコポン+りんごのスムージー★

<材料:できあがり約250cc>
カリフラワー  3房
デコポン    1/2個
りんご     1/4個
水       1/4カップ

<つくり方>
1)デコポンは皮をむき、ざく切りに。
りんごは皮と芯を除き、一口大に切る。
2)ミキサーにカリフラワー、デコポン、りんごを入れ、
水を加えてなめらかになるまで回す。

<レシピのポイント>
ビタミンCや食物繊維たっぷりの組み合わせ。
カリフラワー、デコポンに含まれるビタミンCは
強固なコラーゲン作りに必要な栄養。
風邪予防にはもちろん、ハリのある肌、
骨や関節のコラーゲンにも力を発揮します。
カリフラワーとりんごに豊富な
カリウムと食物繊維は、
冬に高くなりがちな血圧を抑えることにも
働くといわれています。


(写真はにじいろ農園さん)

<カリフラワーのこと>
原産地と種類は?:
地中海沿岸が原産で、ケールやキャベツ類の突然変異で生まれたといわれるアブラナ科の野菜。明治時代に渡来し普及しました。緑黄色野菜の人気に押されて生産量が減っていましたが、近年は、主流の白色に加えオレンジや紫のもの、円錐形で黄緑色のロマネスコなどカラフルな種類が出てきて熊本では生産面積も、生産量増えています。

栄養は?:
カリフラワーに含まれるビタミンCは、加熱損失が少ないのが特徴。その量はキャベツの約2倍とされる。ビタミンCは風邪のウイルスを抑えるので冬の風邪対策に。ビタミンCに加え、アブラナ科の野菜特有のイソチオシアネートを含むので、辛みが胃を刺激して食欲増進に、血栓予防にも効果も期待できます。発がん性物質を抑える働きがあるといわれ、ガン予防に作用する野菜としても注目されています。


(写真は宮本果樹園さん)

<デコポンのこと>
品種は「不知火」清見✖ポンカンの掛け合わせで誕生したもの。デコポンは熊本県の登録商標で糖度13度以上、クエン酸1%以下で光センサーで識別。頭に凸がついた特徴的な外観で、高糖度だがさっぱり、皮もむきやすいので人気の柑橘。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ06

貧血っぽいなと感じたら

緑黄色野菜の王様、ほうれんそう。今は一年中栽培されていますが、ビタミンCや鉄が多くうま味が強いのは、栽培期間が長く、寒さにあたって甘味が増してくるこれからが旬の「冬葉」です。

カロテンが豊富なことはもちろんですが、注目すべきは葉酸。「造血のビタミン」ともいわれ、ほうれんそうから発見された栄養素、鉄も豊富なので、貧血気味の方にはおススメ野菜なのです。今回は、りんご、キウイと組み合わせて飲みすいグリーンスムージーをご紹介します。

★ほうれんそう+リンゴ+キウイのスムージー★

<材料>1人分
ほうれんそう 1株(30g)
りんご          1/2個
キウイ    1/2個
水      80ml

<作り方>
1)ほうれんそうは根元を除き、ざく切りにする。
2)リンゴは芯を除き、一口大に切る。
3)キウイは皮をむき、一口大に切る。
4)ミキサーに、ほうれんそう、りんご、キウイの順に入れ水を加えてなめらかになるまで40秒ほど回す。

<レシピのポイント>
生では気になるほうれんそうのアクですが、スムージーで使用する量なら特に気にする必要はありませんが、サラダほうれんそうなどアクの成分、シュウ酸が少ない品種も出回っています。

リンゴ:食物繊維が豊富で、腸をととのえて便秘や高血圧予防に役立つ美腸食材です。

キウイ:肌のトラブル解消や風邪予防に欠かせないビタミンCが豊富、ビタミンEも多く、ビタミンCとの相乗効果で優れた抗酸化力を発揮する果物です。

ほうれんそう:県内の主産地のひとつ南小国町にて(井さんの圃場)


りんご:たわわに実るりんご(吉次園にて)

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ04

秋の美容食材で、美肌をめざしましょう

朝夕は凌ぎやすく、時には肌寒さも感じる頃になりました。「収穫の秋」秋の味覚が日ごとに充実してきて夏の疲れがたまったカラダや乾燥しがちな肌を秋の野菜・果物のおいしいチカラが癒してくれます。

美容食材、さつまいもとりんごをつかったスムージーをご紹介します。

★さつまいも+りんご+アーモンド+豆乳のスムージー★

<材料出来上がり約200ml>
さつまいも    40g
りんご      1/3
アーモンド    10g
豆乳       100ml

<作り方>
1)さつまいもは電子レンジで加熱し、一口大に切る。
2)りんごは皮と芯をとりのぞき、一口大に切る。
3)ミキサーに全ての材料を入れ、なめらかになるまで3040秒回す。

 

★レシピのポイント★
さつまいものビタミンC は熱に強いのが特徴。電子レンジで加熱して天然の甘みを。さつまいもとりんごの食物繊維で腸内環境をととのえ、肌のキメをなめらかに。血行を促進してくれるアーモンドと豆乳のビタミンEとともに。美肌づくりにチカラを発揮する組み合わせです。

さつまいもの皮のちかくには便通をととのえる機能性成分ヤラピンが含まれるので、皮ごとつかいます。


<さつまいものこと>
食物繊維たっぷりで、美容食としても注目の野菜。

原産地は?>>中央アフリカ
日本には約300年前 薩摩に伝来。熊本の主な産地は、大津町、西原村。

栄養価は?>>水分を除くと90%が糖質、芋類の中でも最も甘い。でんぷんを麦芽糖に変える酵素(デキストラナーゼ)を豊富に含み、加熱すると一層甘みが増します。りんごの約5倍のビタミンCを含む。カロテンやビタミンB1やB2も豊富です。さつまいものでんぷんは消化が穏やか、繊維質も多く、便秘解消に効果ありの代表的な美容食材といわれます。

<りんごのこと>
1日1個のりんごは医者を遠ざけると言われる、昔から愛されてきた果物。
8月から翌年5月まで、様々な品種リレーがあり、長期間楽しめます。

原産地は?>>コーカサス地方。

日本では?>>主な産地は山形、長野など。8月から翌年5月まで、様々な品種リレーがあり、長期間楽しめる。県内でも阿蘇など数箇所で栽培されています。

栄養価は?>>カリウムや食物繊維のほかは、目立った栄養素はありませんが、リンゴ酸も含み殺菌作用や疲労回復に効果的です。食物繊維は、水溶性のペクチンがお腹の調子を整え、カリウムは血圧上昇を抑えるはたらきをします。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ03

古代からの健康野菜、モロヘイヤ

暦の上ではすでに秋とはいえ、まだまだ残暑が続いています。
夏の疲れが出てきていませんか。

今回は、古代エジプトの王様を病気から救ったといわれる
栄養価の高い夏の健康野菜「モロヘイヤ」を使ったスムージーをご紹介します。

 

★モロヘイヤとりんごのスムージー★

材料(出来上がり約200ml)

モロヘイヤ   4本
りんご     50~60ml


作り方

1) モロヘイヤは洗って葉を摘み、りんごは芯をのぞいて皮ごといちょう切りにしておく。

2) ミキサーにモロヘイヤ、りんご、水を入れてなめらかになるまで40秒ほど回す。

[レシピのポイント]
モロヘイヤの独特の香りをりんごで飲みやすく。ビタミン・ミネラルはもちろん、食物繊維たっぷりの組み合わせで腸をキレイにすることで便通改善、肌荒れ改善にチカラを発揮します。

 

[モロヘイヤのこと] 

〇語源は?
アラビア語で「王家の野菜」という意味の「ムルキーヤ」が語源とされています。古代エジプト
で重い病気を患っていた時に医師が処方したモロヘイヤのスープで全快したいい伝えから、この名になったといわれています。

原産地は?
インドから中近東

産地は?
日本に導入されたのは昭和30年代といわれていますが、30年ほど前からよくたべられるようになり、栽培も全国に普及。比較的どこでも簡単に栽培されています。

栄養は?
βカロテン、ビタミンE、ビタミンB1、B2、葉酸、カルシウム、カリウム、食物繊維が豊富。
特に、βカロテン、カルシウムは緑黄色野菜の中でもトップクラスを誇ります。

 

クックパッドにレシピを公開しています。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

ブログ一覧へ

ブログカテゴリ

5ツ星探索人