野菜王国くまもとすむーじぃ24

運動不足によるむくみをスッキリ! な組み合わせのスムージー

紫陽花が美しい季節を迎えました。コロナ禍で自粛生活が続き、運動不足によるむくみのお悩み解消に、カリウムたっぷりの小松菜とグレープフルーツのスムージーをご紹介します。バナナをプラスしてむくみの解消に導きます。小松菜は野菜なのにカルシウムが豊富!女性に嬉しい葉酸や鉄分も補えます。爽やかな香りの一杯で、ストレス解消にも! 野菜・果物のチカラで近づく梅雨の鬱陶しい日々も元気に乗り越えたいものです。

<こまつな+グレープフルーツ+バナナのすむーじい>

材料 1人分約220ml
小松菜  30~40g(お好みで加減)
グレープフルーツ  1/2個
バナナ  1/2本
はちみつ  大さじ1
水  50~60ml

作り方
1)小松菜は根元を切り落とし、バナナは皮をむいてそれぞれ一口大に切る。
2)グレープフルーツは皮をむいて果肉をとりだす(白い部分はなるべくとリ除く)。
3)ミキサーにすべての材料をいれて、なめらかになるまで約20秒攪拌する。

<Recipeのポイント>
カリウム豊富な組み合わせ。栄養価高い緑黄色野菜こまつなは、アクが少ないのでスムージー向きの食材ですが、グレープフルーツとバナナを合わせることで、野菜特有の青臭さをおさえて、すっきりした飲み心地に仕上がります。

小松菜のこと…
ほうれんそうに比べてあっさり味の小松菜。栄養価が高い緑黄色野菜のひとつで、カルシウムが非常に多く含まれているのが特徴です。その量はほうれんそうの約3.5倍もあるのです。成長期の子どもや高齢者は積極的にとりたい野菜です。鉄や主要ミネラルも豊富で、美肌や老化防止に効果が期待されるビタミンCやカロテンもバランスよく含む女性の健康と美容の味方です。

グレープフルーツのこと…
爽やかな酸味で心身に活力を与えて元気にしてくれる清々しい香りと味わい。ビタミンC が豊富なうえ、苦み成分「ナリンギン」がビタミンCの吸収率を上げるので、美肌やストレス解消にはたらき、クエン酸は疲労回復に力を発揮します。


「小松菜」だったらこの人!おつづき農園緒續一馬さん…。もう何年になるのでしょう…
植木周辺の若手農家さんが集まる「うえきもんマルシェ」で「こまつなのスムージー」を試飲させていただいて以来のファンです。北区植木町で営まれる農園は、県内唯一の小松菜専業。新しい品種が出たら常に試験をし、品種ごとにある個性を周年で栽培できるように選別して、現在は3品種の小松菜を時期によって使い分けて栽培なさっています。

栽培・収穫のご苦労を伺ったところ、「小松菜は外葉から傷んでくるので、発芽した時の双葉を大切にしながら栽培します」とのこと。収穫時はハウスの遮光し、ハウス内で鮮度が長持ちするよう外葉を1~2枚はずして袋詰め、梱包、収穫後1時間以内には冷蔵車で出荷していくシステムをとっているとのこと。それはお客様にできるだけ新鮮な状態で手にとっていただくための心がけだとおっしゃいます。大規模なハウスでその迅速な収穫・出荷を徹底させるのは相当な覚悟あってのことと感じながら圃場を後にしました。

同じく植木町で「サガンルビー」という純国産の品種でグレープフルーツ栽培を手掛ける柑橘専門の宮本果樹園さん。2代目裕一さんの奥様の宮本好美さんは野菜ソムリエプロで野菜ソムリエコミュニティ熊本の仲間。3代目雄平さんという立派な後継者がいらっしゃるとは思えない若々しい柑橘美人の生産者さんです。

西インドが原産のこの柑橘…ひと枝に房状に結球するその姿がぶどうのようにみえることから名の由来がきているそうです。産地として知られているのは、アメリカのフロリダ州で、全世界の40%を占めています。温暖な地域に育つもので、耐寒性が弱いので、県北植木町の冬場の寒さでは外国産の品種では木が枯れたこともあったそうです。そこでこの国産品種を導入され、試行錯誤を繰り返されながらこの美しいグレープフルーツが収穫できるようになったそうです。園地でカットしていただくとほとばしるようなジューシー感。糖酸バランスのとれた果汁と爽やかな香りにたちまち魅了されました。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ22

なんとなくだるさを感じる時に、おすすめのすむーじぃ!

二十四節気では「清明(せいめい)」、すべてが清らかで明るく、けがれのない春が訪れました。桜はあっという間に満開になり、はらはらと散りはじめたこの頃ですが、今年の時世は沈みがち…。自粛続きで、なんとなくだるさを感じたり、寒暖の差が激しく朝夕の寒さで体調がくるいがちではありませんか。

そんな、すこし憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれる、葉酸や抗酸化ビタミンがたっぷりの鮮やかな緑色と爽やかな味わいのグリーンアスパラガスと春キャベツをつかった若草色のすむーじいをご紹介します。


<グリーンアスパラガス+春キャベツ+バナナのすむーじい>
材料 1人分
グリーンアスパラガス  2本(40g
キャベツ        1枚(50g
バナナ         1/2
水           100ml

作り方
1)グリーンアスパラガスは、根元の固い部分ピーラーでむき、斜め薄切りにする。
2)キャベツはざく切り、バナナは皮をむいて一口大に切る。
3)ミキサーに全ての材料をいれて、なめらかになるまで攪拌する。

<アスパラガスのこと>
新陳代謝を促し、疲労を回復する効果があるアスパラギン酸の名の由来にもなった野菜。抗酸化作用が高いグリーンアスパラガスは、免疫力を高めてくれるのでストレス気味の方にもおすすめ野菜です。

栄養…鉄や葉酸など妊娠を予定している女性に必要な栄養素が豊富。エネルギー代謝に必要なビタミンB1やB2を多く含みます。また毛細血管を丈夫にするルチンを穂先に多く含みその量は旬の4月~5月がより豊富です。

アスパラギン酸って…アスパラガスから発見されたアミノ酸の一種。効率よくエネルギーをつくりだすので疲労を回復する、不眠やイライラなどにも効果が期待されています。

<春キャベツのこと>
秋に種をまいて春に収穫される。葉が柔らかく、みずみずしいのでサラダや浅漬けなど生食向き。特別に栄養価が高いわけではありませんが、調理方法が幅広く食べる機会が多いのでコツコツとビタミン・ミネラルを摂取できます。

栄養…ビタミンC,胃の粘膜を保護してくれるビタミンUや強い抗酸化作用を持つことで期待されるイソチオシアネートが豊富で、いずれも生食で摂ることがおすすめです。

春の香りを感じに南阿蘇村のアスパラ畑にお邪魔してきました。

南郷谷から阿蘇の山々を望むところに、藤原孝誠さん・美里さんのハウスが立ち並んでいました。平成15年に栽培を始め、徐々に棟を増やしてきた藤原さんご夫妻…主に「スーパーウエルカム」という品種を栽培されています。
1月末に根元まで刈り込んでバーナーで焼いて消毒し、3月に土に水を与え、地温を15度に上げるのにハウスを閉め切って50度まで上げる「蒸し込み」をすると地下茎が動き出し,芽を出す準備を始めます。3月中旬から出荷が始まり、6月まで「春芽」の収穫が続きます。竹崎水源の清らかな水をふんだんに利用した豊かなところですが、高温多湿になりすぎると病気がでたり、新芽に虫がつくと商品価値が下がるので細心の注意を払われるのだと…。徹底した温度管理で品質保持をなさっています。春芽のピーク時には1日に170㎏収穫する日もあると…。収穫したらすぐJA選果場に、その日のうちに全国に出荷されていくのだそうです。

阿蘇のアスパラガスは、立茎の時期を経て、7月から「夏芽」の収穫が始まりその収穫は11月頃まで続きます。穂先がピンとしっかりしていて、まっすぐに伸びたもの。切り口が新鮮なものを選んで、スムージーにサラダに、豚肉巻きに…さわやかな味わいを楽しんでみませんか。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ15

なんとなく不調の時に、整えてくれるすむーじぃ!?

ようやく朝夕は過ごしやすくなってきました。

虫の音に初秋の訪れを感じる頃ですが、そろそろ夏の疲れや女性ホルモンの乱れからだるさを感じたり…。体を温める作用がある桃に、バナナのビタミンB6や豆乳に豊富なイソフラボンがホルモンのバランス整えるのにチカラを発揮してくれます。

今月は香りも優美な桃をつかったスムージーのご紹介です。

桃+バナナ+豆乳のスムージー

<材料>出来上がり150 ml
もも   1/2個
バナナ  1/2本
豆乳   1/4カップ

<作り方>
1)桃は皮をむいて芯を除き、一口大に切る。
2)バナナも皮をむき、一口大に切る。
3)ミキサーに⓵と②をいれて豆乳を注ぎ、なめらかになるまで回す。


<桃のこと>

■栄養・機能性
ビタミン・ミネラルはそれほど多くないものの、カリウムは100g中180㎎含み、ナトリウムとの体内バランスを保ち血圧を下げる働きをします。

水溶性食物繊維のペクチンは便秘改善効果が期待され、コレステロール値上昇を抑え、動脈硬化予防効果も期待できます。また、豊富なクエン酸やリンゴ酸は疲労回復に役立ち、ナイアシンは冷え性予防効果が期待できるといわれています。

■選び方
形が丸く整い、持つと重みがあって甘い香りを放っているもの。色づきがきれいで、産毛が生えているものがおすすめ。

■保存方法
風通しの良い常温で保存。冷やし過ぎると甘みが薄れるので、食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やすと美味しくいただけます。

■県内の産地はどのあたり?
人吉・球磨地方は山に囲まれた盆地の気候で、特に季節の寒暖の差が激しく、夏冬の気温差は40℃を超えます。また、昼夜の気温差も大きいため、農産物の糖度が高いという特徴があります。その中でも、特に錦町は「フルーツの町」として名高く、県下最大の桃の産地として知られており、栽培されている桃は豊かな香りと上品な甘みが特徴です。


(圃場:錦町の勘米良農園)

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

野菜王国くまもとすむーじぃ08

春を先取り! やさしい甘みのレタスを飲むサラダに!

サラダの主役として人気の野菜、レタス。
冷涼な気候で育つ野菜のイメージですが
温暖な気候の天草下島、西端に位置する苓北町は
半世紀以上も前からレタス栽培が脈々と続けられてきた
レタス産地なのです。

夏の間に播種、秋に定植された「れいほくレタス」は
晩秋から桜の咲くころまで品種をリレーしながら
最盛期には一面美しい黄緑色に染まるほど栽培面積も広く
町の主要生産物として栽培が盛んです。

今では100%陸送でより早くより遠くまで出荷されていますが
半世紀以上前は、対岸の長崎に向けて船での出荷
佐世保の米軍基地の食を支えたとの歴史も持っています。

ゆるやかに軽く巻いた玉レタスは、
95%が水分ですがカリウムやカルシウムも含まれ
ダイエットに最適な低カロリー野菜でもあります。

にんじん、りんご、バナナとの組み合わせをご紹介します。

★レタス+にんじん+りんご+バナナのスムージー★

<材料>(できあがり約250ml)
レタス…1(1口大にちぎる)
にんじん…1/3本(皮をむいちょう切りにする)
バナナ…1/2(皮をむいて一口大に切る)
りんご…1/4(芯を除き、皮つきのままいちょう切り)
水…1/4カップ

<作り方>
1)ミキサーにレタス、にんじん、りんご、バナナの順に入れ、水を加えてなめらかになるまで回す。

<レシピのポイント>
カリウムやカルシウムを含み爽やかな味わいのレタスに、整腸作用あるペクチンを含むりんご、カロテン、ビタミん豊富なにんじんをプラス。栄養価高いバナナの糖質がエネルギー源になるので朝の栄養補給におススメの1杯です。


<レタスのこと>
原産地と種類・栄養は?:
原産地は地中海沿岸から西アジア。中国を伝わり平安時代には「ちしゃ」と呼ばれ、下葉を掻きとってたべる「立ち性」のものだったようです。主流の玉レタスは明治時代になってから定着したもの。水分の多い玉レタスに比べ、サラダ菜やリーフレタス、サニーレタスなどの葉レタスは、ビタミンC やカロテンやビタミンEも豊富で緑黄色野菜に分類されます。ヘタの切り口から出てくる白い乳状の液体はストレス緩和や睡眠を誘う成分に注目が集まり研究が行われています。

この記事を書いたひと

持田 成子

vege-table代表/野菜ソムリエ上級プロ/フードツーリズムマイスター/女子栄養大学生涯学習講師/くまもとふるさと食の名人

女子栄養大学在学中に[野菜のビタミン・ミネラルの季節変動]研究に携わったことがきっかけで野菜ソムリエの資格を取得。正しく食べることは「病気の予防=健康につながる」をモットーに予防医学を学んだ野菜ソムリエ上級プロとして食育や、レシピ開発、産地コーディネートなど食と農の周りで活動中。

ブログ一覧へ

ブログカテゴリ

5ツ星探索人